思い出の改札

 日曜日の朝、いつもより多い人の波。近くに場外馬券場があるからだろうか。駅前を通り過ぎようとして、改札が目に入る。

「あれ?」

 見覚えのある人影。立ち止まり、じっと見ていると、人違いだと気づいた。

「まさか、来るわけないよね」

 溜息交(ためいきま)じりの独り言が零(こぼ)れる。

 いつも彼女を、この場所で待っていた。改札を抜けて僕を見つけると、手を振りながら走ってくる。恥ずかしくてしょうがなかったけど、それがまた愛おしくてたまらなかった。

 人がいなくなった改札にレンズを向けてシャッターを押す。誰も写っていない駅の風景をSNSに投稿してみる。彼女がもし見てくれたなら、僕の事を思い出すかも知れない。そんな淡い期待を込めて。

 すぐにいいねをつけてくれる優しいフォロワーたち。この人たちの中にいる誰かが、彼女にこの画像を見せてくれるかも知れない。そんな奇跡みたいな事を期待してみる。

「ねえ、どこに行く?」

Sponsered Link



 そう言って笑う彼女の顔が目に浮かぶ。思わずにやけそうになり、周りの目が気になってしまう。こんな僕を、どこか遠くから彼女が見ているなんて事はないだろうか? そんな馬鹿げた空想が頭に浮かぶ。

 田舎を出て、東京に来てからずっと住んでいるこの街。僕に会いに、何度もこの街にやってきた彼女。いつか二人で住むことになると思っていた。頭の中で描いていた、この街での二人の生活。どこで歯車が狂ってしまったのだろう。

「紹介したい女性がいるんだけど、会ってみない?」

 きっかけは、バイト先の先輩の紹介だった。出身県が近いという事もあって、打ち解けるのに時間はかからなかった。口数は少ないが、はにかんだ笑顔が可愛くて、僕はすっかり魅了されてしまった。

 学生だったからお金はなかったけど、二人でいるだけで楽しかった。ぶらぶらと街を歩いたり、公園のベンチで彼女の作った弁当を食べたり、そんな何気ない日々が幸せだった。

「最近、彼女は連れてこないね」

 馴染みの喫茶店のマスターの一言。何も言えずに困った顔で笑っていると、気まずそうに「ごめん」と言われた。僕の顔が嘘をつけなかったのだろうか。マスターはきっと、今まで何人もこういう顔を見てきたのだろう。別れたカップルは僕たちだけじゃないと気づいて、少しは気が楽になった。

 マスターに気を遣わせたお詫びに、彼女が好きだったケーキセットを注文してみる。ケーキを一口入れると、口の中いっぱいに甘さが広がる。

「甘くておいしいね」

 彼女の声が耳元で聞こえた気がした。思わず周りを見渡してみるが、こんな所にいるはずがない。一人でにやけた後、食べかけのケーキを撮影してSNSに投稿してみる。優しいフォロワーたちがつけたいいねに、何だかとても勇気をもらった。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 48現在の記事:
  • 120299総閲覧数:
  • 17今日の閲覧数:
  • 470昨日の閲覧数:
  • 2974先週の閲覧数:
  • 4472月別閲覧数:
  • 73406総訪問者数:
  • 9今日の訪問者数:
  • 114昨日の訪問者数:
  • 762先週の訪問者数:
  • 1344月別訪問者数:
  • 108一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: