合鍵

「美和子(みわこ)へのプレゼント、もう一つあるんだけど……」

 君の二十四回目の誕生日を祝いたいからと、達也(たつや)の部屋に呼ばれた美和子。達也の手作りバースデーケーキ、箱に入った薔薇の花束、シルバーのネックレス、これだけもらえば充分だと思っていたのに、まだあるなんて……。

 もしかして指輪? プロポーズ? 付き合い始めて一年になる二人。もしプロポーズだったら、何て答えたら良いの? 美和子は、頬が赤くなっている事を気にしながら、達也の言葉の続きを待っていた。

「これなんだけど……」

 そう言って、白い封筒を渡す達也。普通は箱に入っていると思うんだけどなあと思いながら、美和子は受け取って中身を確認してみた。

「……鍵?」
「そう、この部屋の鍵。僕と一緒にここで住もう!」

 これはプロポーズ? 結婚しよう、じゃないのね。まあ、いっか。美和子はとりあえず、達也の気持ちを受け入れた。

「うん、いいよ!」

Sponsered Link



 思いっきりの笑顔で答える美和子。達也はちょっと、天然と言うか、少し変わっている。真面目だけど、そんなに頭が良いわけではない。収入も、特段良いとは言えない。それでも美和子が許せるのは、外見が美和子の理想のタイプだったから。

 背が高く、ハーフのような綺麗な顔立ち。筋トレが趣味だけあって、かなり引き締まった肉体。高学歴で高収入の美和子は、達也に対して収入は期待していなかった。お金は自分が稼げば良い。ただ、綺麗な顔を眺めているだけで幸せなのだ。

 自宅に戻った美和子は、日曜日に引っ越しをするための荷物をまとめた後、思い出したようにパソコンを開いた。「達也」と書かれたフォルダーを開くと、半年前から撮り溜めたいくつもの動画が出てきた。

 それは全て、達也が部屋で寝ている様子を撮ったものだった。それらを一通り確認した美和子は、「これから一緒に住むんだから、もういらないよね」と呟いた後、フォルダー毎(ごと)全て削除した。

 机の上には、達也からもらった鍵の他に、もう一つ同じ鍵が置いてある。達也の目を盗んでコピーしておいた合鍵。「これももういらないか」美和子はそう言って、その鍵をゴミ箱に投げ捨てた。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 8現在の記事:
  • 135822総閲覧数:
  • 41今日の閲覧数:
  • 237昨日の閲覧数:
  • 1562先週の閲覧数:
  • 5552月別閲覧数:
  • 83240総訪問者数:
  • 37今日の訪問者数:
  • 151昨日の訪問者数:
  • 1040先週の訪問者数:
  • 3832月別訪問者数:
  • 143一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: