最後のプレゼント

 賑(にぎ)やかな東口とは違い、住宅街が広がる西口は、緑が多いせいか空気が濃い気がする。この駅に降りる度に、城田瑠香(しろたるか)はそう感じていた。近くにある高校から、下校の学生たちが歩いてくる。お揃いの制服ばかりの中、自分だけ違う制服が恥ずかしくて、少し早足で通り抜けた。

 駅から歩いて十五分、目的のマンションに到着。エレベーターは使わずに三階まで歩く。高校三年生、老けるにはまだ早い。そして、陸上部の彼女にとっては良いトレーニングに思えた。軽やかなステップで三階に到着すると、三〇五号室のインターホンを鳴らす。

「どうぞ」

 大人の男性の低い声が入室を促す。勢いよくドアを開けて「こんにちは!」と声をかけると、奥に立っていた長身の男性が「こんにちは」と優しく微笑んだ。「失礼します」と言ってスリッパを履き、奥の施術室(せじゅつしつ)に入る。高校一年生の時から通っている鍼灸院。それも今日で最後と思うと、感慨深いものがある。

「大会はいつですか?」
「来週です」
「調子はどうですか?」
「まあまあです。でも、先生の施術を受ければ絶好調になります!」
「それは良かった。じゃあ、始めましょう」

 静かな室内に、癒しの音楽が流れ始める。疲れた体にすーっと沁(し)み込んでいく感覚。これを聴くと、条件反射のように眠くなってしまう。しかし、今日は絶対に眠らないと、瑠香は決めていた。

 先生の施術を受けるのは、いつも大会の前。彼女がここに通い始めたのは、同じ長距離選手で一つ上の先輩に紹介されたから。先輩が言うには、大会前に施術を受けると結果が良いのだと。それを聞いてすぐに通い始め、その言葉通りになっていった事から、今日までずっと通い続けてきた。

 そして、高校最後の大会が終われば、もう通う理由がなくなる。今日が最後の日なのである。中学一年から今日まで陸上を続けてきた瑠香は、豪快な母から生まれてきたせいか、病気などかかった事はなく、怪我も擦り傷程度しかない。丈夫な体に産んでくれた母には感謝しているが、少し残念な気持ちもある。

「痛みがなくても来てもらって良いですよ。全然、気にする事はありません」

 鍼灸院に通う人たちは皆、どこかしらの痛みを持ってやってくる。それなのに、どこも痛くない自分が来ても良いのだろうか。通い始めの頃、そんな疑問を先生に投げかけた時、笑顔で優しく答えてくれた。

Sponsered Link



 背が高くて手足も長い。細身の体に、日に焼けない白い顔。綺麗に掃除が行き届いた室内に、癒しの音楽。まるで異次元の空間にいるようだ。いつも丁寧な言葉を使い、高校生の他愛もない話でもニコニコと聞いてくれる。何よりも、高校生の自分を大人として扱ってくれる。一回り以上も年上の男性に、彼女は恋をしていた。

 ここで過ごした思い出が、美しい映像になって頭の中で再現されていく。思わずにやけそうになるのを我慢しながら、先生の長い指が体に触れる瞬間を堪能(たんのう)する。しかし、頭の隅の方には、思い出したくない先生の言葉が残っていた。

 前回、瑠香が来た時、先生は一人の女性と楽しそうに談笑していた。彼女に気づいた女性が「じゃあ、またね」と言って部屋を出た。いつも静かで穏やかな先生が、楽しそうに話しているのが珍しくて、気になって聞いてみた。

「綺麗な方ですね。どなたですか?」
「ああ、彼女ですか。実は僕、十月に彼女と結婚するんですよ」
「えっ? け、結婚……」

 あまりの衝撃に祝福の言葉も言えず、そのまま施術が始まってしまい、その後は先生と何を話したのか覚えていない。その日の夜は、布団に潜って声を押し殺して泣いた。二年続いた一方的な彼女の初恋は、儚(はかな)くも泡となって消えたのである。

「はい、終わりました」

 頭の中で思いを巡らせているうちに、一時間の施術時間が終了した。温かくなった体とは対照的に、心の中は冷えたままだ。このまま先生と別れてしまったら、この苦しみからは逃げられない。そう思った瑠香は、ある行動に出る事にした。支払いを済ませた後、思い切って話を切り出す。

「先生、二年間、どうもありがとうございました」
「はい。長い間、通ってくださって、ありがとうございました」
「この前は言えませんでしたけど、結婚おめでとうございます」
「ああ、どうもありがとうございます」
「私から先生に、お祝いのプレゼントを贈ります」
「え、プレゼントですか? ありがとうございます」
「じゃあ、目を瞑(つむ)ってください」
「はい、わかりました」

 ごくりと唾を飲み込むと、瑠香は先生の唇にキスをした。

「えっ? 何?」
「えへへ。先生、末永く、お幸せに」

 呆気(あっけ)にとられたままの先生を置いて、瑠香は部屋を飛び出した。階段を駆け下りる。マンションを出て走りだす。両目から溢れた涙が頬を伝(つた)う。先生の唇は、彼女の冷えた心に火をつけた。最初で最後の先生とのキス。それは、苦いタバコの味がした。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 68現在の記事:
  • 135860総閲覧数:
  • 79今日の閲覧数:
  • 237昨日の閲覧数:
  • 1600先週の閲覧数:
  • 5590月別閲覧数:
  • 83266総訪問者数:
  • 63今日の訪問者数:
  • 151昨日の訪問者数:
  • 1066先週の訪問者数:
  • 3858月別訪問者数:
  • 143一日あたりの訪問者数:
  • 4現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: