認知症の母が出会ったタクシーでの心温まる話

認知症の母親の介護で出会ったタクシーでの話に心が癒されます。

タクシーで癒やされる認知症の母、案ずるより外出するが易し

2018.09.22 16:00

 父の急死によって認知症の母(83才)を支える立場となった女性セブンのN記者(54才・女性)が、戸惑いながらも介護と向き合う。

 * * *

 認知症の母の心身をアゲるために心掛けているのはお出かけ。何といっても外に出れば刺激のシャワーが待っている。特に、タクシーに乗ると格別だ。車窓の風景もちろん、個性的な運転手さんたちとの出会いが、思いがけず母の心を動かすのだ。

 6年前に独居となり、認知症が一気に悪化したとき、母はすっかり妄想世界の住人となっていた。私を泥棒呼ばわりしたかと思えば、ストーカーに見張られていると支離滅裂な話ばかり。会話はすれ違い、心も通っていなかった。

 それでも母を外に連れ出すと、不思議と現実に戻ってくる気がした。私が戸惑い、気まずい沈黙のまま歩いていても、母は住宅街の庭木にふと目を留め、「キンモクセイの季節なのね。そういえば、昔住んでいた団地の公園にもキンモクセイがあったわね」と、思い出を語り出す。あるいは、飲食店がおいしそうな看板を連ねている繁華街に出ると、

「おいしそうね~。でも、外食は野菜が足りないから、家でもちゃんと食べなくちゃね」

 そんな、妙に筋の通ったまともなことを言い出すのだった。

「さすが主婦だね。でもせっかくだから、ママが好きなものを食べよう。何が食べたい?」

 会話の糸口を離すまいと、私もそう必死で話をつないだ。

 常に時が流れている外界で、一緒に“今”を過ごす分には、母の認知症はさほど支障にならなかった。たぶん母も、私との会話がうまくいくことで希望を持ったに違いない。今でこそ識者たちが盛んに「外出しましょう。社会と触れ合いましょう」と、健康寿命の指南をするが、そんな情報を耳にする前から、私たち母娘は“お出かけの効用”を肌で感じていたのだ。
Sponsered Link



◆タクシードライバーとの愛犬を巡る温かき時間

 たまに使うタクシーもお出かけの醍醐味の1つ。母は運転手さんとの会話が楽しいのだ。母にとっては貴重な“外”の他人との接点であり、乗り込むなり、早速おしゃべりを始める。運転中に迷惑かなとも思うが、たいていは愛想よく応えてくれる。

 こんな人もいた。

 少々個性的なインテリアの個人タクシーで、母の愛犬“ももちゃん”に似た犬の人形を飾っていた。母は独居を脱してサ高住で新生活を始めるにあたり、ももちゃんを里子に出した。

 そのため極力、犬の話題を避けていた私は内心「まずいタクシーに乗ってしまった…」と思ったのだが、「あら! ももちゃんみたい」と、母はすぐに食いついた。

「あ、お客さんも犬が好きなんですか? 奇遇だな~」と、のんきな運転手さん。「うちのももちゃんはね…あら、どこへ行ったのかしら」と、案じた通りに混乱し始める母。

 私はうろたえながら里子に出した事情を小声で説明した。すると母が追いかけるように、

「ももちゃん、かわいそうにもらわれて行ったのよ…」

 すると、それまで黙って聞いていた運転手さんが、愛犬とのツーショット写真を見せてくれた。

「うちもね、里子をもらってきたんですよ。すごくいい子でね~! 前の飼い主さんに愛されてたんだなー。ももちゃんもきっと今頃、幸せにしていると思いますよ」

 その言葉を聞いて母はとても穏やかな、そしてなぜか誇らしげな笑顔になって言った。

「あら~、そう?」

 家族や近親者から慰められるより、赤の他人の率直な言葉が心に響き、心底、嬉しかったのだろう。案ずるより外出するが易し。時には素敵な一期一会が待っているのだ。

※女性セブン2018年10月4日号

[出典:タクシーで癒やされる認知症の母、案ずるより外出するが易し(NEWSポストセブン > https://www.news-postseven.com/archives/20180922_765133.html ]

人と人の出会いは傷つくことも多いですが、時にはこういう良い出会いもあります。
皆さんにも良い出会いがありますように!

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 25現在の記事:
  • 34505総閲覧数:
  • 94今日の閲覧数:
  • 164昨日の閲覧数:
  • 2174先週の閲覧数:
  • 4421月別閲覧数:
  • 16760総訪問者数:
  • 63今日の訪問者数:
  • 82昨日の訪問者数:
  • 921先週の訪問者数:
  • 1921月別訪問者数:
  • 123一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: