クリスマスの贈り物

 今日は12月24日。街はクリスマス一色。商店街にはクリスマスソングが流れ、サンタクロースの恰好をしてケーキを売る声が聞こえてくる。病院からの帰り、足早に歩く岸川雪乃を見つけて走り出す小さな女の子。彼女は雪乃に追いつくと、ぶら下げていた買い物袋を引っ張った。

 「ねえ、お姉さん」
 「あら、かおるちゃん」
 「サンタさんって本当はいないの?」
 「えっ? ど、ど、どうして?」
 「今日、幼稚園でみつるくんに言われたの。本当はサンタなんていない。パパがプレゼントを買ってくるんだよって」

 結婚して三年目の雪乃。まだ子どもはいない。隣に住むかおるの事を、我が子のように可愛がってきた。隣の家の夫婦がサンタクロースについてどう話しているのかはわからない。自分自身は、小学校高学年の頃にわかったような気がするが、早い子は幼稚園でも悟ってしまうのかも知れない。純粋で真剣な瞳に見つめられ、雪乃は答えに困ってしまう。しばらく悩んだ後、ニコッと笑ってこう言った。

 「かおるちゃん。サンタさんはいるよ。うちにもちゃんと、サンタさん来るもん」
 「え、本当? お姉さんとこにも来るの?」
 「うん」
 「そうなんだ。やったー! サンタさんは本当にいるんだね」

 雪乃の手と繋がれた小さな手を大きく振りながら、ジングル・ベルを歌うかおる。温かい気持ちになりながら、雪乃はあの日のクリスマスを思い出していた。

 「雪ちゃん……」
 「なあに、京ちゃん」
 「あ、あのさ……」

 ケーキを食べようとしていた雪乃に、京太郎が声をかける。付き合い始めてもうすぐ三年。二人はクリスマスの夜を京太郎の部屋で迎えていた。きちんと座り直してかしこまる京太郎。彼の真剣さが伝わり、雪乃も自然と緊張してしまう。

 「どうしたの? あらたまって?」
 「う、うん。実はあの、雪ちゃんに渡したい物があって……」
 「え、クリスマスプレゼント? わーい、ありがとう。私もあるよ、はいこれ!」

 バッグから取り出したのは手編みのマフラー。濃い茶色の皮の手袋とメッセージカードも添えて手渡す。

Sponsered Link



 「雪ちゃん、ありがとう。すごいね、上手に出来たね。大事にするよ」
 「うん、結構時間かかったけど、喜んでもらえて良かった」
 「お、俺もさ、君にプレゼントがあるんだ……」
 「わーい、何だろう。楽しみ」
 「こ、これなんだけど。受け取ってもらえるかな?」
 「え? これって、もしかして……」

 手渡された箱に入っていたのは、指輪だった。

 「ゆ、雪ちゃん、俺と……け、け、結婚してください」
 「京ちゃん……」

 雪乃の大きな瞳に涙が溢れる。初めて出会った頃から今日までの思い出が蘇る。シャイな京太郎はなかなかプロポーズしてくれない。友人たちがどんどん結婚していくのを眺めながら、寂しい気持ちが募(つの)っていった。今か今かと待ち続けた彼女に、聖なる夜に贈られた素敵な贈り物。彼女にとって京太郎はまさにサンタクロースだった。

 翌年の春に結婚。毎年のクリスマスは二人にとって重要な記念日になった。京太郎はいつもサンタクロースの恰好をしてプレゼントを渡す。

 「雪ちゃん、メリークリスマス!」

 京太郎は今年も、サンタクロースの恰好をしている。彼が渡したのは首用マッサージ器。

 「京ちゃん、ありがとう。この前私が、これ良いねって言ってたやつだね」
 「うん。肩こりで大変だから、これで元気になってね」
 「ありがとう。あのね、京ちゃん。私からもプレゼントがあるんだけど……」
 「え、本当? 無理しなくて良かったのに」
 「私のプレゼントは、お金かかってないよ」
 「そうなの? 何だろうなあ」
 「あのね、京ちゃんが一番欲しかったもの」
 「一番欲しかったもの?」
 「今日、病院行ったらね、奥さん、おめでとうございますって」
 「え? もしかして、赤ちゃん?」
 「そう。私たちの赤ちゃん!」
 「やったね、雪ちゃん。ありがとう!」

 雪乃を抱きしめて大喜びする京太郎。聖なる夜に、サンタクロースは素敵な贈り物を届けてくれた。

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」

  • 15現在の記事:
  • 200487総閲覧数:
  • 43今日の閲覧数:
  • 87昨日の閲覧数:
  • 1503先週の閲覧数:
  • 3502月別閲覧数:
  • 123844総訪問者数:
  • 38今日の訪問者数:
  • 62昨日の訪問者数:
  • 549先週の訪問者数:
  • 1719月別訪問者数:
  • 73一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: