愛の矢の行方

 都内某所の住宅街。とあるアパートの一室で、目にいっぱいの涙を浮かべながら、幸子(さちこ)はキャリーバッグに荷物を詰め込んでいる。初めて二人で住み始めた時には、これから始まる同棲生活がどんなに楽しくなるだろうと、希望に胸を膨らませていた。

 それが、こんな形で終わりを迎えようとは夢にも思っていなかった。背中を向けている智昭(ともあき)の姿が時折視界に入る度に、抑えきれない腹立たしさが込み上げてくる。

「あのさ」
「なーに?」
「好きだよ」
「僕も好きだよ」
「愛してる」
「僕も愛してる」
「じゃあ、一緒に住もうよ」
「うん、良いよ。引っ越してきなよ」

 半年前の会話が脳裏に蘇る。趣味が一緒で話が合うし、見た目も結構男前。東京で一人暮らしも寂しいから、一緒に暮らせば楽しいかも。そんな安易な気持ちで始めた同棲だった。

 好きだとか愛しているだとかは、惚れっぽい幸子にとっては日常的に使う言葉。まずは、良いなと思った相手と付き合ってみる。違うなと思ったら別れれば良い。そんな日々を繰り返してきた。

 しかし、智昭は今まで付き合ってきた男とは違っていた。これほど好きになってしまうとは、幸子は思いもしなかった。

Sponsered Link



「煙草(たばこ)はやめた方が良いよ。体に悪いから」
「それぐらい、わかってるわよ。だけどやめられないの」

 智昭は幸子に、煙草の有害性に対して数字を使って説明してくる。論理的思考を好む彼に対し、感情が優先する幸子は、難しい話をされると途端にイライラしてしまう。

「あまりお酒は飲み過ぎない方が良いよ」
「私だって、そんな事わかってるわよ」

 智昭は幸子に、アルコール摂取の有害性を論理的に説明する。しかし、幸子が酒を飲み過ぎてしまうのには、様々な要因がある。それを口で説明出来ない事が悔しい。

 いつも冷静な智昭と、感情優先で生きている幸子。幸子がいくら好きな感情をぶつけても、智昭は思い通りの答えをくれない。感情には感情で返してほしい。こんなにも自分が愛しているのだから、同じくらいの愛情を返してほしいと思ってしまう。

「君が勝手に大好きになっているだけ。僕にそれを求めないでほしい」

 智昭は幸子を嫌いなわけではない。ただ、大好きかと言うとまた違う気がする。幸子が好きでいてくれるなら、自分も好きになろう。幸子が嫌いだと言うなら、それは仕方がない事。来る者拒まず去る者追わずのスタンスなのである。

 しかし、幸子にはそれが理解出来ない。どんなに愛の矢を放っても、それが彼に当たるとは思えないのだ。イライラが爆発して口喧嘩になり、出ていく事になった。こんなにも愛しているのに、どうして出て行かないといけないのか? 自分で自分がわからない幸子だった。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 23現在の記事:
  • 120120総閲覧数:
  • 308今日の閲覧数:
  • 460昨日の閲覧数:
  • 3034先週の閲覧数:
  • 4293月別閲覧数:
  • 73330総訪問者数:
  • 47今日の訪問者数:
  • 97昨日の訪問者数:
  • 782先週の訪問者数:
  • 1268月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: