雨の日の初恋

「ねえ、里美は彼の事が好きなんでしょ? 告っちゃいなよ!」
「告るなんて、ダメ……。 そんな事出来ないよ、私……」

 私は、親友の和枝(かずえ)の言葉を、全力で否定する。二人の目線の先には、夕方の中学校のグラウンドで、一人黙々と走り幅跳びの練習をこなす男子の姿がある。彼の名前は石塚雅人(いしづかまさと)くん。同じクラスで同級生の彼は、私の初恋の人でもある。

「どうしてダメなの? 好きじゃないの?」
「私なんかじゃダメだよ。私なんか告白したら、雅人くんに迷惑だもん……」

 そう言って私は、自分がどれだけダメな人間なのかを延々と説明した。

「顔も、体型も、性格も、勉強も、どれをとっても自慢出来るものがない私は、とんでもなく底辺の人間なの。だから、こうやって遠くから見ているしか許されないの」

 何に対しても自信がない私は、自分の欠点に対しては自信を持って言える。

「里美の顔、あんたが言うほど悪くないと思うけどな」
「嫌だ! 絶対嫌だ! この野暮ったい一重が嫌なの!」

 あれは半年前の事。朝、家を出る時に、お母さんから「今日は午後から雨が降るから、折り畳み持っていきなさいよ」と言われて「は~い」と返事したくせに、結局忘れてしまったバカな私。

 案の定、帰る頃には結構な雨が降ってきた。友だちは先に帰っちゃって、誰にも頼れなくて困っていたら「俺、家が近いから、使って」と言って、傘を渡してくれたのが雅人くんだった。

 「えっ?」と驚いているうちに、雨の中を飛び出して、ずぶ濡れのまま風のように走っていった。陸上部で足が速いのは知ってたけど、無口な人だからあまり話をした事はない。

 翌日、「ありがとう……」と言って傘を返すと、「おかげで良いトレーニングになったよ」と言って笑ってくれた。あまりに眩しすぎる彼の笑顔。あの日から、私は恋に落ちてしまった。いつも笑顔で、誰にでも優しい雅人くんの事を、私はいつも目で追いかけていた。

 結局、卒業するまで自分の気持ちを伝えられないまま、別々の高校になっちゃった。大人になった今でも、彼の事が忘れられない。そんな私に届いた、一枚の葉書。それは、中学卒業から十年目を記念する同窓会の案内。それを見て私は、それまで考えていた事を実行に移す決心をしたのだ。

Sponsered Link



 袖が透けた黒いワンピースに身を包んだ私の隣りには、昔と変わらない雅人くんが座っている。お洒落なホテルラウンジでカクテルを飲んでいる二人。同窓会で再会した後、彼をここに誘ったのは私だった。

「西原さん、久しぶりに会ったら、随分綺麗になってたから驚いちゃった」
「えっ、そう? ふふふ、ありがとう。石塚くんも格好良いよ、昔と変わってないね」
「そうかな? ははは、なんか照れるなあ」

 恥ずかしそうに頭をかく彼。なんだか可愛く見える。

「あの、えーっと……、西原さん……、結婚は……」
「私? まだ独身だけど。そういう石塚くんの方は?」
「あっ、僕もまだ独身。じゃあ、あの……、付き合っている人とか、いる、のかな?」
「ううん、いないの、全然。そういう石塚くんの方は?」
「いや、僕なんか、あの、全然モテた事なんかないし……」

 顔を真っ赤にして、下を向いている彼がまた愛おしい。

「あの、ね!」
「えっ、何?」

 ちょっと大きな声で話しかけたから、驚いた彼が顔を上げて私の顔を見る。見つめられた私の瞳に、じんわりと涙が溜まりだす。

「どうしちゃったの?」
「あの、あのね……」

 十年分の思いが込み上げてくるから、うまく言葉が出てこない。早くしないと、涙が溢れてしまう……。私は目を見開いて、必死に涙を堪(こら)えながら、正直な気持ちを伝えようとしていた。

「……」
「ずーっと……、ずーっと……、ずーっとね……」
「うん」
「雅人くんの事が、好きでした……」
「えっ、うそ?」

 私は思い切って告白した後、両手で顔を覆って俯(うつむ)いた。バッグからハンカチを取り出し、溢れる涙を拭(ぬぐ)う。彼は、隣で女の子が泣いているという初めてのシチュエーションに戸惑っていたけど、意を決したのか、私の肩を抱きよせてこう言った。

「あのー、えーっとですね……。えーっと、あのー、そのー……。実は僕も、中学校の頃から好きでした」
「……えっ、うそ?」

 少しも予想していなかった言葉に、私は驚いて顔を上げた。涙で滲んでよく見えないけど、彼の笑顔は十年前と同じだった。

 一重のせいで、腫れぼったかった私の目。ぱっちりの二重に大きくした。目だけしかいじってないけど、それだけで自信がついた。やっぱり、整形して良かった!

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 9現在の記事:
  • 119404総閲覧数:
  • 52今日の閲覧数:
  • 562昨日の閲覧数:
  • 2561先週の閲覧数:
  • 3577月別閲覧数:
  • 73206総訪問者数:
  • 20今日の訪問者数:
  • 111昨日の訪問者数:
  • 753先週の訪問者数:
  • 1144月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: