しゃべりすぎた女

「こんにちは先生、私の事、覚えてます?」

 店の入り口に立ち、悪戯(いたずら)っぽい笑みを浮かべながら、彼女が私に話しかける。振り返って彼女を確認した後、少し驚いた事を表情に出さないようにしながら私は言った。

「はい、覚えていますよ、もちろん。どうしましたか?」
「どうしたもこうしたもありませんけどね……。まあ、話すと長くなるんですけど、良いですか?」
「さあさあ、どうぞどうぞ」

 あんなに大柄で、体が重そうだった彼女が、今日は軽やかに動いている。彼女の事情を把握している私は、会った瞬間に何が起こったか理解できた。それでも彼女は、自分の状況を甘んじて受け入れている。そんなところが「彼女らしいな」と私は思った。

「えーっと……、どうしましょう? コーヒーでも、淹(い)れましょうかね?」
「そうですねえ、今日はどうしようっかなあ……。先生が淹(い)れてくれるコーヒー好きだから、とりあえずお願いします」

 豆に拘(こだわ)って飲むほど、彼女はコーヒーが好きだった。この店に来るのは、相談と言うよりもおしゃべりに来るような人だった。

 大抵の場合、夫に対する愚痴が主(おも)なのだけれど、私が聞き役に徹するのを良い事に、言いたい事を一方的に話して帰るような人だった。

 コーヒーを淹れながら、複雑な感情が芽生えてくる。悔しいなあという思いと、残念だなあという思い。それと共に、私を思い出して訪ねてきてくれた事に対する感謝の思い……。思わず涙が零れそうになって、慌てて顔を背(そむ)けた。

 「どうぞ」とコーヒーカップを差し出すと、彼女は「ありがとう」と力なく微笑んだ。そして、湯気の立つコーヒーをじっと見つめている。懐かしい香りを、思い出と共に味わっているのだろうか。二人は黙ったまま、重苦しい時間が流れていく。

「どうしました?」

 緊張に耐えかねた私が、まずは言葉を投げかけた。いつもなら、来るや否や機関銃のようにまくし立てる彼女が、今日はその片鱗(へんりん)すら見せないからである。

Sponsered Link



「あっ、ごめんなさいね、いつもの私じゃないよね。ちょっと感傷に浸っちゃった……」

 何となく私には、彼女の気持ちが理解できる。目の前の彼女は、以前に警告した通りの結果を迎えているのだから。人は時として自分を過信してしまい、アドバイスや助言に耳を貸さない場合があり、自分に限ってそうなるはずはないと言う思い込みは、時に判断を甘くするのだ。

 この人に限ってそんな事するはずないと言うのも幻想で、人を信じたい気持ちはわかるが、完全に信じてしまっては責任の放棄である。起きてしまった結果を相手のせいにしてしまう、責任転嫁に他ならない。

 広く世間では、一般的に夫婦の場合、夫である男性が、妻である女性を守る事が当たり前のように認識されている。しかし、妻だって夫を守る義務があるわけで、一方的に夫に頼りきりではいけないだろう。

 彼女の夫は、無口で内向的な性格。おしゃべりで外交的な彼女とは真逆である。大学で難しい研究をしている学者の彼は、一人で思索するのが仕事だった。

 親同士が決めた結婚だったとは言え、彼女は夫を愛そうと努力したし、世間的に恥ずかしくない夫婦としての体裁を整えようとしていた。そしてそれは、彼も同じ思いだろうと彼女は信じていた。

 度々この店に来ては、夫との性格の不一致を相談していた彼女。普段は大人しく、とても我慢強い夫だが、時に、溜め込んだ不満を爆発させてしまう。少しずつガス抜きをすれば良かったのだが、残念ながらそんなに器用な人ではない。

 彼女が垂れ流すくだらないおしゃべりは、彼にとって有益なものではなかった。却って、大事な思索を中断させる不利益なものでしかなかった。

 彼は彼女を傷つけまいとして、思索中の話しかけをやんわりと禁じてきた。しかし、「口から先に生まれた」と周りから揶揄(やゆ)されるほどの彼女には、それが出来なかった。

 彼が聞いていようと聞いていまいと、独り言を言い続ける彼女。それは彼にとって、まるで工事現場の騒音のように聞こえたに違いない。

「やったのは、ご主人ですか?」

 私が夫の仕業かと問うと、彼女は黙って頷いた。

「あなたの体は、今どこにありますか?」
「自宅の庭に埋められています」

 私は夫に頼んで、彼の友人である川崎刑事に電話してもらう事にした。何度もこの光景を目にしている彼は、一人で空間に向かって話している私の様子を不思議がる事もなく、言われるまま電話をかけた。

「川崎、今電話して大丈夫?」
「おー、加賀美か、久しぶりだな。どうした、何かあった?」
「うちの奥さんが、いつものご依頼だって」
「いつもの……ああ、いつものやつね。了解しました!」

 川崎刑事は、私からの依頼と聞いてピンときたようで、彼女の夫に事情を聞き、すぐに犯行を認めたという。計画性はなく、衝動的な犯行だったそうだ。速(すみ)やかに処理された事を伝えると、彼女は複雑そうな表情を浮かべた。

「あまり嬉しくないみたいだけど……」
「だって、私のせいで、夫の人生狂わせちゃったから……」
「でも彼は、あなたの命を奪ったんだから、罪を償わなくちゃ」
「私が先生の言う事を聞いて、もっと大人しくしていれば良かったのよね。それが出来なくてこうなっちゃったんだもん……」

 彼女はそれきり口をつぐんだ。口は災いの元、亡くなってからようやく実感したようだ。それが私には、とても寂しく感じられて仕方なかったのである。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 9現在の記事:
  • 120301総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 470昨日の閲覧数:
  • 2976先週の閲覧数:
  • 4474月別閲覧数:
  • 73407総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 114昨日の訪問者数:
  • 763先週の訪問者数:
  • 1345月別訪問者数:
  • 108一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: