大人になっていく君へ

「何時発の電車?」
「14時15分」

 僕の問いに、君は笑って答えた。僕も笑おうと思うんだけど、うまく笑えない。たくさんの人でごった返す駅の中で、君とはぐれないように僕はしっかりと君の手を握っていた。

 今日は特に暑いせいか、手がじんわりと汗ばんでくる。僕は時折ハンカチを出して、汗をぬぐってはまた、君の手をしっかりと握った。

 この手を初めて握ってから、もうすぐ一年が経つ。君と初めてデートした時、君の方から自然と手を握ってくれた。

「デートってさ、みんなこうするよね、きっと」

 あの日の、あどけない君の笑顔が目に浮かぶ。君はあれからずいぶんと大人になった。見違えるほど、綺麗になった。

 君のかけがえのない青春の日々に、僕も少しだけ加われた事を光栄に思う。君はきっと、これからたくさんの人に愛されるだろう。たくさんの人に、夢や希望を与える存在になるだろう。

 僕は君を、テレビの前で応援するよ。これからは、一人のファンになる。君の歌声は、きっと多くの人に感動を与えるに違いない。もちろん、僕もその中の一人だけど。

 東京行きの切符を手に、君は改札を抜けていく。僕は入場券を買って、君の後をついていく。刻一刻と、別れの時間が迫っている。

Sponsered Link



 ホームの椅子に座る君と僕。気の利いた別れの言葉が浮かばない。楽しかった日々ばかりが思い出されて、きみが去っていく現実を受け止めきれない。

 少し離れた場所に、若い男女が立っている。僕らと同じくらいの年だろうか。どうやら、男性の方が旅立つようだ。僕らの他にもたくさん人がいるのに、彼らは二人の世界に入り込んだまま。抱き合ったり、キスをしたり、お互いの気持ちを自由に表現している。

 君も気になるみたいで、彼らの様子をちらちらと目で追っている。女の子の気持ちとしてはどうなのだろう。やはり、ストレートに気持ちを表現された方が嬉しいのだろうか。

 出来る事なら、僕だってそうしたい。君をこの手で抱きしめて、熱いキスを交わしたい。君との思い出は、これが最後になるかも知れないと思うと、その衝動を抑えきれなくなる。

 だけど、君には夢がある。子どもの頃から抱いてきた、歌手になる夢。それが、もうすぐ現実になろうとしている。君ならきっと、夢を叶える事が出来ると僕は信じている。だから、君の価値を落とすような行動はしちゃいけないんだ。

「昨日録音したやつなんだけど」

 そう言って僕はイヤホンを手渡した。僕の気持ちを込めて作った歌。君だけに聴かせたい歌。君への愛の歌。

「どう、かな?」

 君は黙って俯いたまま、動かない。カバンからハンカチを取り出す君。ああ、泣かせてしまったね。ごめん。本当は笑顔で送りたかったのに、僕も涙が出そうになる。

 僕はこれからも、君を思って歌を作るよ。いつか僕の歌を、君が歌ってくれる日がくると良いな。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 47現在の記事:
  • 119398総閲覧数:
  • 46今日の閲覧数:
  • 562昨日の閲覧数:
  • 2555先週の閲覧数:
  • 3571月別閲覧数:
  • 73205総訪問者数:
  • 19今日の訪問者数:
  • 111昨日の訪問者数:
  • 752先週の訪問者数:
  • 1143月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: