新説・舌切り雀

「お前がこんな目に遭ったのは、あまりに罰当たりな事をするからじゃ。これに懲りて、どんな生き物にも優しくしてやらねばいかんぞ」

 爺さんは、床(とこ)に臥(ふ)せって寝込んでいる婆さんにそう言った。婆さんは目に涙を溜めながら、はあはあと肩で息をして苦しそうな表情で答えた。

「すまんかった、本当にすまんかったのう……。雀さんや、許しておくれ……」

 虫の息の婆さんを、爺さんは心配そうに見つめるだけだった。山で怪我をしていた雀を連れて帰り、手当てをした爺さん。山に帰そうとしても帰らずに懐(なつ)いてしまったので、そのまま一緒に暮らしていた。

 爺さんの愛情を雀に奪われてしまったと思い込んだ婆さんは、胸の奥で嫉妬の炎をくすぶらせていた。爺さんが家を留守にしていたある日、障子の張り替えで使おうと飯粒(めしつぶ)で作った糊(のり)を、知らずに雀は食べてしまった。

 それまでの愛情の恨みが爆発してしまった婆さんは、「悪さをしやがって、この舌め」と雀の舌をハサミで切ってしまう。痛がる雀を手当する事なく、外に放りだしてしまった婆さん。

 それから三日後、婆さんは突然の病(やまい)で倒れてしまった。「雀の舌を切った報(むく)いを受けたのじゃ」と諭(さと)す爺さん。婆さんは自らの悪行(あくぎょう)を心底悔いていたのだった。

 すると突然、玄関の戸が開いて声がした。

Sponsered Link



「お爺さん、お婆さんは大丈夫ですか?」

 その声に爺さんが振り向くと、一人の若い男が立っている。見た事もないその顔に「あなたはどちら様でしたかの?」と尋ねると、男はこう答えた。

「お爺さんに助けてもらった雀です」

 そう言って男は、背中の傷を見せた。確かにあの雀は怪我をしていたが、目の前にいる男がなぜ自分の事を雀だと言うのか、爺さんには理解出来なかった。

「お爺さんが驚くのも無理はありません。僕は、“神の手を持つ雀”と呼ばれるブラック・ジャク先生に舌の成形手術をしてもらい、呪術師のジャクババに、魔法で一日だけ人間の姿に変えてもらったのです。お婆さんをどうしても助けたくて」

 爺さんは、雀が人間になるなんて俄(にわ)かには信じられなかったが、真剣な男の目を見てなんとなく受け入れる事に決めた。

「でも、君は婆さんに舌を切られて恨んでいるはずなのに、どうして助けるなんて言うんだい?」
「それは、あの飯粒で作った糊には毒が仕込まれていて、お婆さんが舌を切ってくれたお陰で僕は命が助かったのです。お婆さんが今倒れているのは、毒を吸い込んでしまったからなんです。ブラック・ジャク先生に解毒剤をいただいてきました。さあ、これをお婆さんに飲ませてください」

 爺さんは雀から解毒剤を受け取ると、婆さんの体を起こして飲ませた。すると、みるみるうちに顔色が良くなり、婆さんは九死に一生を得たのである。雀は婆さんに抱きつき「良かった。本当に良かった。お婆さんのお陰で僕は命が助かりました。あの時は本当にありがとうございました」と言って涙を流した。

「そ、そうだったのかい? 私は大変な事をしてしまったと後悔していたんだよ。あの時は痛い思いをさせて悪かったね。本当にごめんなさいね」

 抱き合って涙を流す婆さんと雀を見て、本当の親子のように爺さんには思えた。と同時に、誰が毒を盛ったのか気になって「それにしても、誰が毒なんかを……」
と呟いた。それに対し、雀は静かな口調で答えた。

「呪術師のジャクババが教えてくれました。お婆さんにお爺さんをとられて以来、ずっと恨みを抱いていた女性がいたんですよ」

 爺さんと婆さんは「あっ」と言って顔を見合わせた。若き日、爺さんを巡って二人の女性の間で繰り広げられた愛憎バトル。その結果、婆さんが爺さんと結婚する事になった。あの時の女性が、積年の恨みを晴らすために毒を持ったのである。

「でもご安心ください。然(しか)るべき処置を施(ほどこ)しておきましたので、もう二度とお二人の前に現れる事はないでしょう」

 不敵な笑みを浮かべる雀。爺さんも婆さんも、然るべき処置が何であったのか、怖くて聞く事は出来なかった。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 6現在の記事:
  • 120103総閲覧数:
  • 291今日の閲覧数:
  • 460昨日の閲覧数:
  • 3017先週の閲覧数:
  • 4276月別閲覧数:
  • 73329総訪問者数:
  • 46今日の訪問者数:
  • 97昨日の訪問者数:
  • 781先週の訪問者数:
  • 1267月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: