芥川龍之介 小説 独自解釈「病中雑記」

引用:青空文庫 芥川龍之介「病中雑記」

 芥川龍之介先生の書いた小説「病中雑記(びょうちゅうざっき)」について考えてみたいと思います。これは大正15年2月と3月に発表されました。芥川先生は、1921年(大正10年)に大阪毎日新聞社の海外視察員として中国を訪問、その後日本に帰国して創作活動をします。中国の水や食べ物も日本人には合わなかったでしょうし、仕事としての執筆も忙しかったのでしょう。この時にかなり無理をしてしまった事が、後々の体調不良の原因になったようです。

 「或旧友へ送る手記」にも書いてある通り、自ら命を絶つ動機となった「将来に対する唯ぼんやりした不安」と言うのは、何度も繰り返す肉体的な病気が精神的な苦しみとなり「いつまで続くかわからない苦痛から逃れたい」と思うようになったのではないでしょうか。この作品は、1から12まで、それぞれ数行のメモ書きのようなものを書いた、まさに雑記です。

 毎年冬になると胃腸が弱くなり、更には神経性狭心症になって気持ちが晴れない日が多く、精神異常になる前触れを感じていました。それが一番ひどかったのは大正10年の年末でした。眠りに入ろうとすると、誰かに名前を呼ばれている気がして飛び起きる事もあったようです。黄色い光の断片が目の前に現れたりする事も度々ありました。大正11年の正月には、「顔に死相が出ている」と言われたそうです。

Sponsered Link



 正岡子規の書いた随筆「墨汁一滴」や「病床六尺」に「脳病を病み」と書いてありますが、それは神経衰弱の事です。芥川先生は、正岡子規がそのような病気だったのに、どうして俳句を作れたのか不思議に思っています。自分自身も病気に苦しみながら作品を書いていたからでしょうか。一か月余りも不眠に悩まされ、アダリンと言う催眠鎮静剤を飲みながら「子規全集」を読んでいた芥川先生は、俳句や短歌のみならず、批評家としても素晴らしいと言っています。

 子どもの頃から虚弱体質だったと言う正岡子規が最初に吐血したのは、20歳の時でした。翌年には肺結核と診断されます。当時、結核は不治の病。死を覚悟した事でしょう。「鳴いて血を吐く」といわれるホトトギスに自らを重ね合わせ、ホトトギスの漢字表記である子規を俳号にしました。1896年には結核菌が脊椎を冒し、脊椎カリエスを発症。1899年の夏頃から34歳で亡くなるまでは、ほぼ寝たきりの状態。そんな中でも、俳句や短歌、随筆を書き続けたそうです。

 子規が亡くなるまでの5か月間、日記的随筆として書かれた「病牀六尺(びょうしょうろくしゃく)」。六尺は約1.8メートル、その狭い床からほとんど動けない中、毎日書き続けたものが新聞に掲載され続けました。若くして死ぬ運命にある自分自身を嘆く事なく、客観的にとらえています。

 社会や文明、森羅万象の変化に対する好奇心は衰えず、女子教育の必要性を力説。日本の将来を考えたりするなど、病床にあっても人々の心に発信し続けた子規の姿に、芥川先生はかなり勇気をもらったのではないでしょうか。それと同時に、子規のような悟りを得られない自分自身への歯がゆさなどもあったのかなと、この作品を読んで思いました。皆さんはどう思いますか?

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2021年12月18日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

  • 29現在の記事:
  • 217797総閲覧数:
  • 41今日の閲覧数:
  • 76昨日の閲覧数:
  • 548先週の閲覧数:
  • 117月別閲覧数:
  • 134203総訪問者数:
  • 35今日の訪問者数:
  • 65昨日の訪問者数:
  • 427先週の訪問者数:
  • 100月別訪問者数:
  • 56一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: