メロディ

 ようやくひと息つける休日に、ぶらぶらと街を歩く。ふと見つけた、体験レッスンの看板。トラウマの記憶を塗り替える、良い機会になるかも知れない。立ち止まったまま、過ぎ去った日々を思い出す。

 二十代だった頃、こわぁああい教授に指導された「とりあえず単位取得」のピアノ。一緒にレッスンをしていた学生はみんな、幼少期から嗜(たしな)んできたお嬢様。正統派庶民の私はバイエルから始め、教授をいらつかせるのは仕方ない事だと諦めてはいたが、友人の助けがなかったらきっと、心が折れていただろう。

 今も二十代の美しい友が聴かせてくれた『月光』……。

 「上手じゃないけど。私の好きな曲なの」

 陽が傾き仄暗くなった部屋で、そよふく風の如く告げた後、陰る紫色の鍵盤を、細く長い指が、踊る様に滑らかに正確に、美しくもの悲しい旋律を奏で始めた。ふわりと揺れる長い髪と色白の彼女を、窓から差し込む光がオレンジ色に染めているのが、まるで彫刻の様に美しい。

 一瞬、部屋全体がオレンジ色の音の波に包まれ、心地良く揺らぐような錯覚に陥ったあの感覚が忘れられない。

 「これは打弦楽器。楽しむための器なの」

Sponsered Link



 彼女は楽しそうに、微笑みながら教えてくれた。一緒にいた時の何倍もの時間が流れた今、私には彼女の笑顔と言葉だけが残っている。心に残る曲。私の中で、彼女に勝る月光の奏者はいない。今日の講師はどこか、彼女に似ている。

 ほんの少しの時間、電子ピアノで私に合ったとても簡単な曲だったけれど、楽しかった。音を楽しんでこそ「音楽」。音が聴こえるなら、国も言葉も時間も越えられる万能ツール♪

 懐かしい日々を今、かみしめる。

 帰り道、彼女が好きだったイチゴのスイーツを見つけた。

 「子どもっぽいでしょ? でも、私くらい子どもっぽいと、楽器ちゃんも親しみをもってくれるのよ」

 そう言って、私のパフェに自分の苺を乗せてくれたあの日。

 「苺なら同じようにつまめるのに……」
 「頭のいい子の発想って面白い!」

 もらった苺を頬張りながらぼやく私に、彼女は声をあげて笑った。

 今年もきっと、彼女の傍らの白い秋桜は、風の五線譜に合わせて優しくメロディを奏でている事だろう。陽ざしがオレンジ色の光を放つ頃、彼女の香水が香って笑い声が聞こえた。東の空にゆらりと顔を出した月が、薄い光を放っていた。
           作:イーチョン

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 8現在の記事:
  • 179444総閲覧数:
  • 91今日の閲覧数:
  • 156昨日の閲覧数:
  • 1182先週の閲覧数:
  • 3244月別閲覧数:
  • 113641総訪問者数:
  • 73今日の訪問者数:
  • 100昨日の訪問者数:
  • 769先週の訪問者数:
  • 1980月別訪問者数:
  • 99一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: