第2話 緋色の靴

「ただいまー」

 学校から帰ってきた僕は、綺麗好きな母によって毎日掃除が成され、整理整頓されているはずの玄関で引っかかりを覚えた。その違和感の正体は、亜麻色(あまいろ)の靴箱の脇に無造作に置かれた黒い袋だった。

 見栄えを気にする母にしては珍しく、掃除を中断してどこかに行ったのだろう。口が結ばれていると、何が入っているのか気になってしまう。抑えきれなくなった好奇心で、結ばれていたそれを解(ほど)き、中を覗(のぞ)いてみる。

 入っていたのは、古い靴やサンダルだった。踵(かかと)の外側が妙に削れている父の黒い革靴。同じく踵が擦(す)り減っている、母の濃いベージュのパンプス。そして、成長と共に履けなくなった僕と美樹のシューズたち。綺麗好きな割に、思い出に浸(ひた)りたくて物を捨てきれない母が、ようやく断捨離したもののようだ。

「あれ、懐かしい……」

 僕の興味を引いたのは、暖色系の濃い色の中で一際(ひときわ)異彩を放って目立っている、緋色(ひいろ)の小さな靴。拾い上げてじっと見つめていると、あの頃の思い出が夕陽と共に蘇ってくる。

「あ~した天気にな~あれ!」

 勢い良く空に向かって振り上げられた右足から、拘束を解かれた赤い靴が綺麗な放物線を描いて、ロケットのように飛んでいく。

「あっ、あしたは晴れだ! やったー!」

 空に向かって両手を広げ、無邪気に喜ぶ少女。ぴょんぴょん跳ねる度(たび)にめくれ上がる赤いスカート。時折恥ずかしそうに、白い布が顔を覗(のぞ)かせている。

 少女は、飛んだ靴を拾いに脱兎(だっと)の如(ごと)く駆け出し、早馬(はやうま)の如く戻ってくると、玄関脇のポストに乗せたノートを手にした。

Sponsered Link



 ノートの表紙には、「みきの天気予想」と書かれている。小学三年生の頃から書き始め、一年以上続けている彼女の研究ノートだった。靴を飛ばして、表なら晴れ、裏なら雨、横ならくもり。その結果を毎日表に書き留め、次の日の天気と確認していたのである。

 当たる確率は何パーセントなのか知らないが、けっこう飽きずに続けていて、その熱心さに感心したものだった。彼女の好奇心は探求心へと繋がり、その研究テーマはマニアックなものへと変貌(へんぼう)していく。

「ほらほら~、美味しいお菓子ですよ~」

 庭の小さな机には、小皿にビスケットが一つ置いてある。それは彼女が置いたものだ。お菓子を置いてから、どのくらいの時間でアリが集まるかを調べるためである。飴、チョコレート、煎餅など、種類を変えて調べる事も忘れない。

 また、小さなアリが運びやすいように細かく砕いておいたりする。一匹でも運べるように細かくしている気遣いが優しい。せっかくだから巣穴に持ち帰ってもらい、仲間たちにも食べてもらいたいのだろう。

「がんばれ~! がんばれ~! アリさ~ん!」

 地面に顔を近づけて黄色い声援を送っている。その格好がまた堪(たま)らなく可愛い。僕はまだ結婚もしていないが、もし娘が生まれたら間違いなく溺愛(できあい)するだろう。

 小さな女の子は可愛い。間違いなく可愛い。どこに行くにも、必ず僕の手を握ってきた。「お兄ちゃん大好き」と言って抱きついてくる美樹。

「大きくなったら、お兄ちゃんと結婚するんだからね」

 街を真っ赤に染める夕陽をバックに、汚れのない瞳をキラキラさせて言ったあの言葉を、彼女はもう忘れてしまったのだろうか。僕はその小さな赤い靴を両手に乗せたまま目を閉じ、遠い昔にタイムスリップしていたのだった。

 その時、突然背後からカシャっという音が聞こえた。それは普段から聞き慣れている音で、誰もが持つスマートフォンに付属しているあれの音だった。

「お兄ちゃんって、匂いフェチだったんだね」

 その声に反応して振り返ると、そこには学校帰りの美樹が立っていた。手に構えたスマートフォンのカメラは、静止画から動画に切り替わっている。

「いや、あの、こ、これは、そういう意味じゃなくて……」

 慌てて、持っていた彼女の靴を戻すと、さっきよりも固く袋の口を結んだ。「ははは」と力なく笑う僕を、憐(あわ)れむかのような彼女の表情が冷たい。

「大丈夫、心配しないで。この事は誰にも言わないから」
「ほ、本当?」
「うん。その代わり、私のお願い聞いてほしいんだけどな~」
「お願いって?」
「りゅうくんのアルバムがもうすぐ出るんだよね~」

 そう言って、アマゾンのサイトを僕に見せる彼女。人懐(ひとなつ)こそうな瞳で微笑みかける彼女に、僕は黙って頷(うなず)いた。前回のアルバムも、同じような理由で僕が買った気がする。デジャヴなのだろうか。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 21現在の記事:
  • 184722総閲覧数:
  • 27今日の閲覧数:
  • 185昨日の閲覧数:
  • 983先週の閲覧数:
  • 3917月別閲覧数:
  • 116876総訪問者数:
  • 25今日の訪問者数:
  • 112昨日の訪問者数:
  • 643先週の訪問者数:
  • 2375月別訪問者数:
  • 88一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: