第12話 花魁・朝霧ママの人生相談「初恋の人が忘れられない」

 皆様、いかがお過ごしでありんすか? あちきは朝霧(あさぎり)、花魁(おいらん)の生まれ変わりでありんす。今宵は、いつも一緒のあげまん巫女ちゃんが、事情があってお休みでありんす。巫女ちゃんの代わりに、このお方がおいでくださいんした。

 こんばんは、仲間田由紀恵です。今日は、巫女ちゃんの代わりにやってまいりました。よろしくお願いします。

 ゆうぎ……、いや、仲間田さん、お久しぶりでありんすねえ。

 朝霧姉さん、ここでは夕霧と呼んでくださいましな。私も、花魁の生まれ変わり、夕霧でありんすから。

 そうかえ? 確かに、仲間田さんと言うよりも、やっぱり夕霧の方が、あちきにはしっくりくるでありんすよ。

 私も、朝霧姉さんと呼ばせてくださいましな。前に一度、ここに来させていただいた時には、ほんの少ししかいられませんでしたから、また来たいと思っておりました。袈裟代から連絡がありまして、自分の代わりに出てほしいと頼まれて、喜んで引き受けたのでございます。

 そうかえ、そうかえ……。おんしが来てくれて、感謝いたしんす。いつも袈裟代のハイテンションに、圧倒されっぱなしでありんすが、今日はおんしと二人で、ゆったりと番組を進められそうでありんすよ。

 私も、いつもお二人の放送を聴いています。朝霧姉さんと袈裟代のコンビは漫才の掛け合いみたいで、聴いてていつも楽しいですよ。私には、袈裟代みたいな感じは出せないので、袈裟代じゃなくてがっかりしているファンの皆さんに、申し訳ないなあと思います。

 そんな事はないでありんすよ。夕霧には夕霧の良さがありんすから。さあ、お葉書を紹介いたしんしょう。

Sponsered Link



 朝霧ママ、巫女ちゃん、こんばんは。いつも巫女ちゃんには、元気を頂いています。

 そうでしょうねえ……。袈裟代は、聴く人に元気を与えますものね……。今日は袈裟代じゃなくて、申し訳ないです……。私なんかが来ても、誰も楽しくないですよねえ……。

 夕霧、そんな事はないでありんすよ。袈裟代は袈裟代、夕霧は夕霧、それぞれの魅力があるのでありんすから。では、続きを。実は私、初恋の人の事が忘れられません。それぞれ別の人と結婚をして、子どももいるのですが、この前偶然再会しました。

 彼は幼馴染みで、私より二歳年上なのですが、私の中学時代のテニス部の一年上の先輩と結婚しました。その頃から美男美女のカップルで、この先輩なら許せるかなと思ったのですが、この前子どもを連れて三人で買い物をしていたところに、ばったりと出会ったのです。

 あら、初恋の人とばったり? それって偶然じゃないのかも。もしかして運命? そうよ、運命なんじゃない?

 ……まあ、そうかも知れないでありんすねえ。続きを……。懐かしくて立ち話をしていたら、後ろから来た人にぶつけられて私が転んでしまった時、彼が右手を差し出して起こしてくれて、ちゃんづけで呼びながら「大丈夫?」って言ってくれたんです。彼の大きくてがっしりとした手の感触が、今でも残っていて……。

 まあ、優しくて紳士な人だわ。ニコッて笑ったら、きっと白い歯が零れて……。体を鍛えていて、胸板なんかもきっと、すごく厚いんじゃないかしら?

 ……うん、たぶんそうかも……。私は、父の言う通りの結婚をしました。夫は優しくて良い人なんですが、心の隅に、初恋の彼の事がずっと残っていたんです。忘れたくても忘れられない人で、この前、手を握った時に、秘めていた感情がまた燃え上がってしまって……。

 忘れたくても忘れられない……良いわ、そのフレーズ。私もわかる、その気持ち……。なかなか忘れられるもんじゃないわよね。逆に、無理に忘れなくても良いんじゃない?

 ……う、ううん……。先輩なら許せると思ったけど、心の奥底では私が彼の奥さんになりたかった。彼の子どもを産みたかった。彼の太い腕に抱かれて眠りたかった。そんな思いが消えません。どうしたら忘れられるでしょうか?

 (ため息混じりに)ああっ、良いわっ、その感情……。初恋の人を今でも思い続ける、その気持ち……。うん、うん……良いと思う……。

 夕霧は、かなりこの人に感情移入しているようでありんすねえ。

 だって、私もわかりますもん、この人の気持ち……。忘れたくても忘れられない、初恋の人……。たとえその人が振り向いてくれなくても、思い続けたいその気持ち……。すごくわかる……。

 (潤んだ瞳で、朝霧の顔をじっと見つめる夕霧。哀切な想いで見つめる夕霧を見て、昔の事を思い出しながら)うん、うん……夕霧の気持ち、あちきもよくわかっているでありんす……。

 (涙を拭いながら、涙声で)でもね、朝霧姉さん! 心配しないで、私は大丈夫! 昔の思い出は大事に残しておくけど、今の家庭を壊そうとは思っていませんから……。はい、私は大丈夫ですから……。きっとこの人も、私と同じで、家庭を壊そうとは考えていないと思います。初恋の人を忘れなくても良いから、今の旦那さんと、新しい素敵な思い出をいっぱい作ってほしいですね……。

 (思わずもらい泣きをしながら)うっ、ううっ……。そうかえ、そうかえ……。おんしのその思いが、この人に届くと良いでありんすねえ……。

 ……さあ、あちきたちも、新しい思い出を作っていくといたしんしょう。それでは、今宵はこの辺で、おいとまいたしんす。忘れらない恋を抱える全国のリスナーさんたちが、幸せになりますように、お祈りいたしんす。ごきげんよう。

それではまた、お会いしましょう。仲間田由紀恵でした。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 7現在の記事:
  • 120111総閲覧数:
  • 299今日の閲覧数:
  • 460昨日の閲覧数:
  • 3025先週の閲覧数:
  • 4284月別閲覧数:
  • 73329総訪問者数:
  • 46今日の訪問者数:
  • 97昨日の訪問者数:
  • 781先週の訪問者数:
  • 1267月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: