「海辺の少女」についての解説 その2

「海辺の少女」は、私が最初に書いた長編小説でした。
それまでは短編を中心に書いていましたが、ある時、長編にも挑戦してみようと思い立ったのです。

現在「小説家になろう」に投稿されている作品は、主に異世界転生ものが主流ですが、古い人間である私にとってはなかなか馴染めないものでした。
それで、比較的王道である恋愛ものを書こうと思いました。

Sponsered Link



恋愛ものは学校が舞台のものが多く、私も学校を舞台にと考えましたが、昔と今では学校の様式も様変わりして、更には何十年も前の記憶を遡っても思い出せない事が多く、学校を舞台にするのは諦めました。
この小説で登場するラブレターにしても、現代の人たちは果たしてラブレターなど書くのだろうかと疑問に思いましたが、ラブレターを書かない事には話が始まらないので、違和感を感じながらも書き始めました。

私が甘酸っぱい青春を送っていた頃は、携帯電話などなく、インターネットなどもありませんでした。
今はメールやライン、ツイッターなどで簡単にやりとりが出来ますが、昔は電話か手紙しかありませんでした。

電話となると、家の誰が出るかわかりませんから、とてつもない緊張感があります。
好きな人の自宅に電話する時も、当時はダイヤル式電話でしたから、気の弱い私などは、回転盤が回り切らないうちに何度もやめたりしたものでした。

と言うわけで、「海辺の少女」の時代背景としては、バブル景気の前後辺りでしょうか。
慎吾を誘惑する女上司の服装や乗っている車なども、その頃の流行を想像していただければ面白いかも知れません。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)





  • 8現在の記事:
  • 35420総閲覧数:
  • 2今日の閲覧数:
  • 162昨日の閲覧数:
  • 1173先週の閲覧数:
  • 5336月別閲覧数:
  • 17355総訪問者数:
  • 2今日の訪問者数:
  • 120昨日の訪問者数:
  • 740先週の訪問者数:
  • 2516月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: