【石田さんちの会話】第4話「あいとこいとセット」

「ねえねえ、みっちゃん」
「なあに、けんちゃん」
「鹿児島弁の話、しても良い?」
「良いよ」
「僕が鹿児島に来た最初の頃、笑っちゃった話なんだけどさ」
「何だったっけ?」
「あいとこいとセットってあったでしょ?」
「あー、あったね」
「スーパーでさ、パックのシールに、あいとこいとセットって書いてあってさ」
「うん」
「あれ最初さ、鮎と鯉のセットだと思ったわけよ」
「ああ、魚の鮎と鯉だよね」
「でもさ、中身は魚じゃなかった」
「そうそう。だってあれは、あれとこれとセットって事だから」
「そうなんだよね。後でわかった。あれがあいで、これがこいになっちゃう。だから、あれとこれがあいとこいになるんだよね」
「いやー、あの頃はまだ、鹿児島弁が全然わからなかったから、本当に驚いちゃった」
「私はわかってたから、何を言ってるのかと思っちゃった」
「だよね。言葉の中に、小さいつとか、いとか、んとか、よく出てくるよね。鹿児島って言う時に、かごっまとか、かごいまとか、かごんまとか、いろいろバリエーションがあるから面白い」
「何がが、ないがになっちゃうしね」

Sponsered Link



「何と言っても、一番の悩みは桜島の火山灰だよね」
「そうそう、夏は薩摩半島、冬は大隅半島に飛んでくるよね」
「天気予報で、明日の降灰予報があるもんね。風がどちら向きかで変わってくる」
「火山灰はガラスのような鉱物だから、気をつけないといけないのは車だよね」
「そうそう。フロントガラスが見えないからワイパーを動かそうとしたら『やめろ』って言われてびっくりしちゃった。火山灰は粒子が細かくて研磨剤みたいだから、気をつけないと傷がつくからね。風で吹き飛ばすか水で流さないとね。あるいはモップで軽く落とす感じかな」
「灰が降った後は、ガソリンスタンドが行列だよね」
「うん。でも、すぐにまた降るから、洗車しないでそのままって人も多いけどね」
「ぜんそくの人が多いのはさ、灰が肺に入っちゃうからかもね」
「そうそう。外で先生に呼ばれて『はい』って返事をしたら、肺が肺に入って、その灰が肺を傷つけちゃうから、『はい』って返事しない方が肺のためには良いかもね、はい」
「早口言葉好きだね」
「はい、好きです。はい、では今日はここまで」
「了解」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 10現在の記事:
  • 140949総閲覧数:
  • 116今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 1253先週の閲覧数:
  • 4797月別閲覧数:
  • 86634総訪問者数:
  • 78今日の訪問者数:
  • 137昨日の訪問者数:
  • 1001先週の訪問者数:
  • 3172月別訪問者数:
  • 132一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: