深夜の電話

 夜の帳(とばり)が下(お)り、辺りはすっかり静まり返っている住宅街。その角にあるマンションの一室で、パジャマに着替えてベッドに入ろうとしている早苗(さなえ)のスマートフォンに着信が入った。照明を消して真っ暗な部屋に灯るその灯りが、眠りに就こうとしていた彼女の脳を覚醒させる。

「もしもし、早苗?」

 画面に映し出されているのは、雄介(ゆうすけ)という文字。そして、彼女の耳に届いた声も、やはり雄介のもので間違いない。それまで眠気に支配されていた彼女の頭が急速に回転を始める。

「雄介、電話ありがとう」

 午後十一時半になろうとしているこの時間に、予告もなしに電話がかかってきたら、普通は嫌な気持ちになってもおかしくない。しかし彼女の顔には、嫌悪どころか歓喜の表情が浮かんでいる。彼女にとって彼からの電話は、何にも代えがたい大切なものなのだ。

「ごめんね、こんな遅い時間に」

 彼の口から飛び出す謝罪の言葉が、彼女の心を嬉しくさせる。早苗にとって雄介からの電話は、何時であろうと構わないほどに待ち望んでいたものだった。それ故に、電話をかけてくれただけで嬉しいのに、さらには自分を気遣う言葉をもらい、喜びが二重になっている。

「いいのいいの、何時だっていいの。待ってたんだもん、電話がくるのを……」

 感情が高ぶり、涙声になる。喉元まで涙が押し寄せてきているのを感じる。でも、泣いてはいけない。この電話が終わるまで、涙は我慢しよう。スマートフォンを握る左手に力が入る。

Sponsered Link



「明日、俺、行ってくる」
「うん」
「生きて帰って来れないかも知れない」
「うん、わかってる」

 彼の口から聞く言葉が、恐れていた日が来た事を実感させる。明日行われる試合がどれほど困難なものかを、早苗も充分に承知している。

 彼は、多くの人が注目している試合に臨む、当事者である。まかり間違えば死ぬかも知れない。その事実を知っているからこそ、怖さで震えている彼の心情が声で伝わってくる。

「お前に、何度も辞めてと言われたのに、辞められなくて……ごめんな」

 ごめんなの一言が、早苗の瞳を潤ませる。机の上にある二人の写真が、暗さと涙でよく見えない。嗚咽(おえつ)しそうになるのをじっと堪(こら)え、傍にあったタオルで涙を拭(ぬぐ)う。

 泣いちゃだめだ。これから命をかけようとしている人の心を沈ませてはだめだ。そう自分に言い聞かせながら、右手で作った拳で太ももを殴った。そして、上を向いて涙を抑え、作り笑顔になってみる。

「私の事なんて気にしないで。それよりさ、もし勝ったら賞金はいくらになるの? すごい金額になるんじゃない?」

 早苗は、無理やりに明るい声を出して、楽しい話に切り替える。そして、午前零時を迎えようとしているのに、この電話を終わらせたくない。明日は試合だから、ゆっくり体を休めてほしいと思う一方で、まだ話を続けたいと願う早苗だった。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 25現在の記事:
  • 120297総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 470昨日の閲覧数:
  • 2972先週の閲覧数:
  • 4470月別閲覧数:
  • 73404総訪問者数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 114昨日の訪問者数:
  • 760先週の訪問者数:
  • 1342月別訪問者数:
  • 108一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: