芥川龍之介 小説 独自解釈「鴨猟」

引用:青空文庫 芥川龍之介「鴨猟」

 芥川龍之介先生の書いた随筆「鴨猟(かもりょう)」について考えてみたいと思います。ここに登場する大川とは、現在の隅田川になります。江戸時代は、吾妻橋(あづまばし)周辺より下流は大川と呼ばれていました。

 大町先生とは、大町桂月(おおまち・けいげつ)の事です。大町先生は、明治2年生まれの随筆家、文芸評論家です。大正13年の正月ですから、芥川先生は31歳、大町先生は54歳でした。その他に小杉未醒(こすぎ・みせい)、神代種亮(こうじろ・たねすけ)、石川寅吉(いしかわ・とらきち)と一緒に、品川沖へ鴨猟に行った時の話です。

 鴨猟は、網漁(あみりょう)と銃猟(じゅうりょう)があります。網漁は網を使って鴨を捕まえます。銃猟は散弾銃やライフル銃、空気銃などを使用します。小杉未醒、神代種亮、船の船頭の三人が禽獣殺戮業(きんじゅうさつりくぎょう)の大家だと言っていますから、銃で撃つのでしょう。しかしこの日は、そんなにすごい三人がいるのに、鴨は一羽も獲れません。

Sponsered Link



 大町桂月先生は鴨が獲れないのが大いに嬉しいようで「えらい、このごろの鴨は字が読めるから、みんな禁猟区域へ入ってしまう」と言って手を叩いて笑っていました。そして芥川先生が大町先生を見て「しかもまた、何だか頭巾に似た怪しげな狐色の帽子を被って、口髭に酒のしずくを溜めて傍若無人に笑うのだから、それだけでも鴨は逃げてしまう」と言っています。

 結局、10時間海の風に吹かれただけで、鴨は一羽も獲れませんでした。川岸へあがった桂月先生は酔いが醒めたのか「僕は子どもに、鴨を二羽持って帰ると約束をしてきたのだが、どうにかならないものかなあ、何でも子どもはその鴨を学校の先生にあげるんだそうだ」と言い出しました。

 そこで、近所の鳥屋からトリモチで獲った鴨を二羽買って帰る事にしました。小杉未醒が「鉄砲の傷がないといけないだろうから、一発ずつ穴をあけてやろうか」と言いますが、桂月先生は「なに、これでたくさんだ」と言って、モチだらけの二羽の鴨を古新聞に包んで持って帰りました。その光景が目に浮かぶようで、なんだかほっこりした気持ちになりました。

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『心霊鑑定士 加賀美零美 第1巻 Kindle版』amazonで販売中!

 
心霊鑑定士 加賀美零美 第1巻 Kindle版

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2021年12月30日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

  • 19現在の記事:
  • 217768総閲覧数:
  • 12今日の閲覧数:
  • 76昨日の閲覧数:
  • 519先週の閲覧数:
  • 88月別閲覧数:
  • 134179総訪問者数:
  • 11今日の訪問者数:
  • 65昨日の訪問者数:
  • 403先週の訪問者数:
  • 76月別訪問者数:
  • 56一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: