濡れたレール

 降りしきる雨の中、蒼汰(そうた)はひたすら走っていた。長い雨のせいで、道路は川のように水が溜まっている。バシャバシャと音を立て、水しぶきを上げながら走る蒼汰を、すれ違う人たちが奇異な目で見送っている。

「間に合ってくれ」

 心の中でそう叫ぶ。どしゃ降りの雨と同じくらいに、彼の心の中は荒れ狂っている。

「私、東京へ行く」
「えっ? 東京?」

 突然の彼女からの電話に、休みで朝寝坊していた寝起きの頭に衝撃が走る。

「なんで? 急に?」
「前から言ってたでしょ? 私、東京に行きたいって」
「そりゃあ、言ってたけど……」
「十一時の電車で行くからね。見送りは良いから。じゃあ、元気でね!」
「ちょ、ちょっと待って! まだ話が……」

 蒼汰が言い終わらないうちに、彼女は電話を切ってしまった。慌てて時計を見ると、十時四十五分。あと十五分しかない。駅まで歩いて十五分くらいかかるから、すぐにでも家を出ないと間に合わない。回らない頭をフル回転させながら、服を着替えて外に飛び出した。

Sponsered Link



「ま、まじかよ……」

 歩いて一分もしないうちに、ゲリラ豪雨だ。まさにバケツをひっくり返したような大雨が降り注ぐ。もう、傘を取りにいく時間はない。蒼汰はずぶ濡れになりながら走る。

 途中、母親に手を引かれた小さな女の子から指を差されるが、気にしていられない。彼女に会って、言えなかった言葉を伝えたい。そればかりが頭をよぎる。

 彼女と出会ったのは、アルバイト先のコンビニだった。大学受験に失敗した彼は、浪人生活を送りながらコンビニでバイトをしていた。彼女は彼よりも数か月後に入ったアルバイトだった。専門学校を卒業後、東京で就職したが人間関係でつまずき、実家に戻ってきたのだ。

 何かと悪戯(いたずら)を仕掛けてくる三歳年上の彼女。二人が仲良くなるのに時間はかからなかった。好きな女の子に告白出来ず、恋愛経験のない内気な彼に、何かとちょっかいを出す陽気な彼女。彼女の存在は、浪人生活にくじけそうだった彼の心の中で、だんだんと大きくなっていった。それはいつしか恋心になっていく。

「私、女優になりたいの」

 大きな瞳をきらきらと輝かせながら、蒼汰に自分の夢を語る彼女。喜怒哀楽でいろいろと表情を変える彼女を見ながら、女優に向いているように思えた。

 こんな田舎にいるのはもったいない。東京でチャンスを掴(つか)んでほしい。そんな思いで、彼女の夢を聞いていた。一方で、好きだという気持ちはどんどん大きくなっていく。

 いつの間にかゲリラ豪雨は止み、蒼汰は駅を視界に捉えた。しかし無情にも、踏切の警報機がカウントダウンを始めている。東京へ向かう電車がホームに入る。彼女がどこにいるのかさえ、彼には見当もつかない。

 結局、彼が駅に着く前に、電車は出発してしまった。蒼汰は「好きだ」と言う言葉を心に抱えたまま、濡れたレールを見つめるだけだった。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 13現在の記事:
  • 133992総閲覧数:
  • 138今日の閲覧数:
  • 172昨日の閲覧数:
  • 1283先週の閲覧数:
  • 3722月別閲覧数:
  • 82034総訪問者数:
  • 97今日の訪問者数:
  • 118昨日の訪問者数:
  • 919先週の訪問者数:
  • 2626月別訪問者数:
  • 117一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: