芥川龍之介 小説 独自解釈「かちかち山」

引用:青空文庫 芥川龍之介「かちかち山」

 芥川龍之介先生の書いた小説「かちかち山」について考えてみたいと思います。物語は「童話時代のうす明りの中に、一人の老人と一頭の兎とは、舌切雀のかすかな羽音を聞きながら、静かに老人の妻の死を嘆いている」という文章で始まります。

 「童話時代のうす明かりの中に」とは何でしょうか? 平安時代や室町時代のように、童話時代があったわけではなく、この「かちかち山」の中での時代を童話時代と表現しているのでしょう。舌切り雀を登場させたのも、童話の中の世界である事を強調したかったのでしょう。

 読み進めると、桃太郎の鬼ヶ島や浦島太郎の竜宮城まで登場します。「鬼ヶ島へ通う夢の海」「永久にくずれる事のない波」など、詩的で美しい表現がところどころに散りばめられているのも、読む人の心を癒してくれます。

 「波が遠くで物憂(ものう)い響きを立てている」と言う言葉は、タヌキによっておばあさんを殺されたおじいさんの気持ちを表現しています。そして、おじいさんとウサギが一言も会話せず、指を指したり頷(うなず)いたりするだけの描写が、物悲しさを表しています。

 「一人の老人と一頭の兎とは、花のない桜の木の下に、互いに互いを慰めながら、力なく別れを告げた。老人はうずくまったまま泣いている。兎は何度も後をふりむきながら、舟の方へ歩いてゆく」これもまた、会話の台詞(せりふ)がないだけに、想像力を掻き立てられるのではないでしょうか。

 ウサギが向かう先には、白い舟と黒い舟があります。「黒い舟の上には、さっきから一頭の狸がじっと、波の音を聞いている。これは龍宮の燈火(ともしび)の油を盗むつもりであろうか。或いは又、水の中に住む赤魚(あかめ)の恋を妬(ねた)んででもいるのであろうか」と書いています。タヌキの性格の悪さを想像させます。龍宮の燈火(ともしび)は「うらしま太郎」、赤魚(あかめ)の恋は「人魚姫」でしょうか。

Sponsered Link



 ウサギはタヌキに近寄り、遠い昔の話をします。「彼等が、火の燃える山と砂の流れる河との間にいて、おごそかに獣の命を守っていた「むかしむかし」の話である」と書いています。火の燃える山とは「かちかち山」の事でしょうか。ウサギはこの時点でタヌキを殺す事を考えており、警戒心を持たせるような話はしないはずですから、どんな話をしたのか気になります。

 「童話時代のうす明りの中に、一頭の兎と一頭の狸とは、それぞれ白い舟と黒い舟とに乗って、静かに夢の海へ漕いで出た。永久にくずれる事のない波は、善悪の舟をめぐって物憂(ものう)い子守唄を歌っている」と書いています。「童話時代のうす明かりの中に」と言う言葉が登場するのがこれで3回目です。「夢の海」と言う言葉は2回目の登場です。

 「くもりながら白く光っている海の上には、二頭の獣が最後の争いを続けている。おもむろに沈んで行く黒い舟には、狸が乗っているのではなかろうか。そうしてその近くに浮いている白い舟には、兎が乗っているのではなかろうか」と書いています。おじいさんは、おばあさんの亡骸(なきがら)を埋めた桜の木の下に座って、タヌキが海に沈んでいく様子を見つめています。

 最初から最後まで美しい文章で綴られていて、短編映画を観たような感じでした。

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『心霊鑑定士 加賀美零美 第1巻 Kindle版』amazonで販売中!

 
心霊鑑定士 加賀美零美 第1巻 Kindle版

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2021年12月26日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

  • 21現在の記事:
  • 217796総閲覧数:
  • 40今日の閲覧数:
  • 76昨日の閲覧数:
  • 547先週の閲覧数:
  • 116月別閲覧数:
  • 134202総訪問者数:
  • 34今日の訪問者数:
  • 65昨日の訪問者数:
  • 426先週の訪問者数:
  • 99月別訪問者数:
  • 56一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: