芥川龍之介 小説 独自解釈「桃太郎」

引用」青空文庫 芥川龍之介「桃太郎」

 芥川龍之介先生の書いた小説「桃太郎」について考えてみたいと思います。これは、広く知られている昔話の桃太郎を、芥川先生が想像を膨らませて書いたものです。「むかし、むかし、大むかし、ある深い山の奥に、大きい桃の木が一本あった」という書き出しで始まり、その後、桃の木について詳しく説明しています。

 昔話では「川上から大きな桃がどんぶらこと流れてきた」とありますが、その桃がなっていた木については知られていません。人間の赤ちゃんが入るくらいの大きさの桃ですから、我々が考える普通の桃の木ではないでしょう。だからその大きさも尋常ではない。木の枝は雲の上に広がり、木の根は大地の底の黄泉(よみ)の国まで届いていました。

 「世界の夜明け以来、一万年に一度、花を開き、一万年に一度、実をつけていた」と言いますから、この世界が始まってからずっと生き続けている木なんですね。だからこそ、その実も大きいと言うわけです。そしてその実の中に、一人ずつ、赤子を孕(はら)んでいました。と言う事は、桃太郎は他にもいたと言う事でしょうかね。

 一万年に一度、木になった実は、一千年の間は、地へ落ちません。それが、ある寂しい朝に、一羽の八咫烏(やたがらす)が小さい実を一つついばんで落としてしまいました。それが、遥か下の谷川に落ちて、人間のいる国に流れていったのです。そして、それをおばあさんが見つけて拾ってきました。

 桃から生まれた桃太郎は、鬼ヶ島の征伐を思い立ちます。それはなぜかと言いますと、彼が山の仕事や畑の仕事が嫌だったからなんですね。老人夫婦は桃太郎に愛想を尽かしていたので、一刻も早く追い出したくて彼の言う通りのものを持たせる事にしました。桃太郎は、途中の食料としてきび団子も注文していました。

 鬼ヶ島に向かう途中、一匹の野良犬が「きび団子を一つくれたらお供します」と言ってきました。桃太郎は「一つはやれぬ。半分やろう」と言い、犬も「一つください」と言って譲りません。しばらく言い合いをした結果、犬は半分もらう事で妥協して彼のお供をする事にしました。猿やキジに対しても、きび団子を半分だけやって家来にしました。

 この三匹は仲が悪くいがみあってばかりなので、桃太郎は苦労しました。腹が減った猿は「きび団子半分で鬼征伐の供をするのは考え物だ」と言い出します。そんな猿を犬は噛み殺そうとしますが、それをキジが止めました。キジが猿を説得しようとしても言うことを聞きません。

 そこで桃太郎が「では、供をするな。その代わり、鬼ヶ島を征伐しても宝物は分けてやらないぞ」と言います。欲張りの猿は宝物と聞いて目の色を変え、さらには打ち出の小槌で何でも好きなものを出せると聞いて、桃太郎について行く事にしました。

Sponsered Link



 絶海の孤島だった鬼ヶ島は、世間がイメージする岩山ばかりではなく、ヤシの木があったり極楽鳥(ごくらくちょう)がさえずったりする楽園でした。こういう楽園に暮らす鬼たちは、もちろん平和を愛していました。人間が一般的に考えている鬼のイメージとは全然違うようです。琴を弾いたり踊りを踊ったり古代の詩人の詩を歌ったりして、人間たちと変わらない生活を送っていたのです。

 鬼のおばあさんは、孫の子守をしながら人間の恐ろしさを話して聞かせていました。「お前たちもいたずらをすると、人間の島へやってしまうよ。人間の島に送られた鬼は、あの酒呑童子(しゅてんどうじ)のように殺されてしまうのだからね。人間は嘘は言うし、欲は深いし、やきもちは焼くし、うぬぼれは強いし、仲間同志で殺し合うし、火はつけるし、泥棒はするし、手のつけようのないケダモノなのだよ」と。

 そして桃太郎は、罪のない鬼の元に来て三匹に言いました。「進め!進め!鬼という鬼は見つけ次第、一匹も残らず、殺してしまえ!」と。犬猿キジは言われた通り、逃げ回る鬼たちを追い回して殺しました。鬼のリーダーと数人の鬼は命をとりとめ、桃太郎の前に降参しました。

 桃太郎は鬼のリーダーに向かって言います。「格別にお前たちは赦(ゆる)してやる。その代わり、宝物は全て献上しろ。貴様の子どもを人質のために差し出せ」と。鬼のリーダーは言われた通りにしますが、恐る恐る桃太郎に尋ねます。「私たちはあなた様に何か無礼な事をしたのでしょうか」と。征伐される理由がわからないからです。

 それに対し桃太郎は「征伐したいと思ったから征伐したのだ。それでもまだわからないと言うなら、貴様たちも殺してしまうぞ」と言います。それを聞いた鬼のリーダーは、ただただ頭を下げるだけでした。

 桃太郎は、犬猿キジの三匹と、人質に取った鬼の子どもに宝物の車を引かせながら故郷に帰ってきました。その後の話がまだあります。鬼の子どもは一人前になると、監視役のキジを噛み殺してすぐに鬼が島に戻りました。それだけでなく、鬼が島に生き残った鬼は、時々海を渡って来て桃太郎の家に火をつけたり、桃太郎の寝首をかこうとしました。

 猿は人違いで殺されたそうです。桃太郎は度重なる不幸を嘆きました。「どうも鬼の執念の深いのには困ったものだ」と。犬も「やっと命を助けて頂いた御主人の大恩さえ忘れるとは、けしからぬ奴らでございます」と悔しがりました。その頃、鬼が島では、鬼の若者が5,6人、鬼が島の独立を計画するために、やしの実に爆弾を仕込んでいました。

 そして物語の終わりは、また桃の木の話になります。桃の木にはまだたくさんの実があり、今度はどんな人物が現れるのだろう、といった感じで終わっています。

 現在のライトノベルでお馴染みの異世界のお話のようですよね。鬼より人間の方が残虐と言う発想、私にはなかなか思いつきませんが、皆さんはどのように思いますか?

ご意見、ご感想などがありましたら、お気軽にお伝えください。
story@kaminomamoru.com

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2021年12月24日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件2000円・相性など2人の場合は3000円・1人追加につきプラス1000円)も出来ます。
有料鑑定のお申し込みは「神野ブックス」まで!

神野守の小説や朗読作品その他を販売するお店です。創作の応援をしていただけるとありがたいなと思います。

「神野ブックス」

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」

  • 17現在の記事:
  • 200494総閲覧数:
  • 50今日の閲覧数:
  • 87昨日の閲覧数:
  • 1510先週の閲覧数:
  • 3509月別閲覧数:
  • 123850総訪問者数:
  • 44今日の訪問者数:
  • 62昨日の訪問者数:
  • 555先週の訪問者数:
  • 1725月別訪問者数:
  • 73一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: