治美とジュン

「よし、終わった」

 今日のノルマが早めに終わった池迫治美(いけざこはるみ)は、心の中でそう呟(つぶや)くと、同僚や上司に見つからないように私的な作業を開始した。

 私的な事に職場のパソコンを使うのは気が引ける。でもまあ、少しぐらいは許されるよね。私だってそこそこ、会社の役に立っているんだから。そう自己弁護をしながら、ツイッターにログインする治美。

 若い子たちの話についていきたいと、最近始めたツイッター。その面白さに治美はハマってしまった。自宅はもちろん、行き帰りの電車の中でさえもスマートフォンは手放せない。

 もうすぐ四十になろうという、三十七歳の治美。最近、目がチカチカするのは、ドライアイ、いわゆるスマホ老眼と言われるものか。そのため、出来るだけパソコンでツイッターをしている。

 ツイッターでは「ハル」と名乗っている。恥ずかしがり屋なため、もっぱら見るだけで、ツイートはあまりしない。動物の写真や動画に目がなく、特に好きなのは猫。あとは、心に響いた言葉があると「いいね」や「リツイート」をしている。

 そんな治美が、自分でも驚くような事を始めた。それは、特定の人とダイレクトメッセージでやりとりしているのである。

 今まで三十七年生きてきて、一度も両想いになった事がない治美。たとえ好きな人が出来ても、一方的な片思いで終わってしまい、告白する勇気はない。

 そんな治美も、匿名性の高いインターネットなら大胆になれる。本名や顔を晒す必要はなく、アイコンだって自分の好きな画像を使えるから嬉しい。

 今のアイコンは、お気に入りの絵師に描いてもらった可愛い女の子の絵。実際の自分とはかけ離れているが、治美の心は永遠の十代なのだ。

Sponsered Link



 意気投合したきっかけは、趣味のアニメだった。自分の好きなキャラクターを熱心に呟いていたので、フォローしていいねやリツイートを繰り返していたら、相手からダイレクトメッセージが届いたのである。

 それまでは、知らない人からのダイレクトメッセージは無視していた治美だったが、趣味が同じだった事もあってか、送られてきた事が素直に嬉しかった。

 お互いに、相手の反応を探りながら、恐る恐るやりとりしていたのであるが、しばらくすると慣れてきて、親しい友だちのような関係になっていった。

 顔も年齢も知らないが、言葉遣いや文面などから勝手にイメージを膨らませた。たぶん、自分と同じくらいの年齢だろう。占い好きな治美は、占い師に彼との相性を占ってもらう事にした。

 相手の生年月日を聞かれるが、プロフィールに誕生日は記載されていても、生まれ年まではわからない。写真はあるかと聞かれたが、写真もないと言うしかなかった。すると占い師は、「あなたは、ご自分と相手の相性は良いと思いますか?」と尋ねた。

 趣味が合うし、話も楽しい。そんなに相性が悪いとは思えない。

「たぶん、相性は良い気がします」
「でしたら、あなたの直感が正しいと思います。きっとお二人の相性は良いでしょう」

 その言葉に勇気をもらった治美は、彼と会う事に決めた。一週間後の日曜日、期待に胸を膨(ふく)らませ、約束の場所にやってきた。

「あ、あのー……も、もしかしてあなたは、ジュンさん、ですか?」

 それらしき男性の後姿に声をかけると、「えっ?」と驚いた彼が後ろを振り返った。

「……もしかして、ハ、ハルさん?」
「はい、私がハルです」

 短髪で爽やかな顔の彼は、思っていたより優しそうな感じがする。そして治美はすぐに、彼の秘密を見破った。それは、自分とは正反対であるものの、同じ悩みを抱えているからだった。

「もしかして……ジュンさんは女性、ですよね?」

 短い髪に袖をまくった白いTシャツ、ズボンはジーパンを履いている。いかにも男性のような恰好をしているが、声は明らかに女性だとわかる。胸はサラシを巻いて潰しているのだろう。

 恥ずかしそうに下を向いて頷(うなず)く彼も、治美の秘密に気づいたようだ。不自然な声はどうしても隠せない。

「実は私もなんですよ……」

 首に巻いたスカーフを外し、治美は喉仏(のどぼとけ)を見せる。いつか完全な女性の体になりたい。治美はそう思っているが、体は男のままだった。

「私まだ、工事していないんですけど、ジュンさんのほうは?」
「僕もまだ、体は女のままです」
「じゃあ、もし二人が一緒になれば、子どもを作る事だって可能ですね」
「確かに、そうなりますね。アハハハ」

 身長百七十八センチの治美より、ジュンは二十センチほど低いようだ。周りの人たちにはおかしなカップルに見えているかも知れない。でも、治美とジュンにとっては、ある意味理想的な相手に思えたのである。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 8現在の記事:
  • 120120総閲覧数:
  • 308今日の閲覧数:
  • 460昨日の閲覧数:
  • 3034先週の閲覧数:
  • 4293月別閲覧数:
  • 73330総訪問者数:
  • 47今日の訪問者数:
  • 97昨日の訪問者数:
  • 782先週の訪問者数:
  • 1268月別訪問者数:
  • 105一日あたりの訪問者数:
  • 3現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: