女優・佐藤仁美さん

女優・佐藤仁美さんの「ひよっこ2」撮影秘話です。

佐藤仁美 ダイエット後の「ひよっこ2」撮影秘話 岡田惠和氏のイジりに感謝「愛情を感じます」

3/27(水) 10:00配信

 女優の佐藤仁美(39)がNHK BSプレミアム「我が家のヒミツ」(日曜後10・00、全5話)で連続ドラマ初主演。1人4役に挑み、4人の妻を演じ分けて“カメレオン女優”ぶりを発揮している。続編「ひよっこ2」(25日から4夜連続、後7・30)が放送されている2017年前期の連続テレビ小説「ひよっこ」など、朝ドラも5回出演の常連。ダイエットに成功した後に撮影した「ひよっこ2」の裏側、「ひよっこ」や自身のドラマデビュー作を手掛けた脚本家の岡田惠和氏(60)への思いを語った。

 「ひよっこ」は女優の有村架純(26)がヒロインを務めた朝ドラ通算96作目。「イグアナの娘」「最後から二番目の恋」などで知られる岡田氏が「ちゅらさん」(01年前期)「おひさま」(11年前期)に続く朝ドラ3作目となるオリジナル脚本を執筆。東京五輪が開催された1964年(昭39)から始まり、出稼ぎ先の東京で行方不明になった父・実(沢村一樹)を見つけるため茨城から集団就職で上京した“金の卵”谷田部みね子(有村)が、さまざまな出会いを通して自らの殻を破って成長し、小さな幸せを大切に暮らしていく姿を描いた。

 佐藤が演じたのは、みね子が働く赤坂の洋食屋「すずふり亭」のホール係の先輩・朝倉高子。みね子の幼なじみ・三男(泉澤祐希)の兄・角谷太郎(尾上寛之)と結婚し、リンゴ農家に嫁いだ。続編は、みね子とヒデ(磯村勇斗)の結婚から2年後の70年(昭45)秋、東京と奥茨城村を舞台に、愛すべきキャラたちの“近況報告”として、すずふり亭の店主・牧鈴子(宮本信子)の“後任”問題などが描かれている。

 「パート2の一番のテーマは全員が出ること」(岡田氏)で、ほぼ全キャラクターが再登場。「ひよっこ」終了から半年後の昨年4月、3カ月で約12キロのダイエットに成功した佐藤の“実際の体形の変化”に、岡田氏は「僕を一番、苦しめました」と苦笑いした。

 佐藤本人も「『1』と『2』で私の体形が違うので、どうやって成立させるんだろうと思っていました。製本した台本の前に、高子が痩せたくだりの1枚だけ届いて。『なるほど。こう来ましたか』と。ちょうど、姑役の柴田理恵さんとバラエティー番組でご一緒して『見た?』『見ました』『私、笑ったわよ』『なんで、あそこだけ先に来たんですかね』みたいな会話をしました」

 続編の第1話(25日)、美代子(木村佳乃)君子(羽田美智子)きよ(柴田)の“母の会”。きよが「高子、痩せたっぺ?なんでか知ってっか?棚の上さよ、お菓子の缶、隠してた。それを取ろうと思って脚立に乗ったんだな。その脚立がな、高子の重みで折れちまったんだ、バキッとよ。そんで痩せようと思ったんだと」と明かすと「高子の中の人の体形の変化にもツッコミ入れる脚本、流石ですw」「佐藤仁美さんのライザップを高子の脚立破壊で見事に伏線回収」などと視聴者の笑いを誘った。続編の痩せる前のシーンは「肉襦袢(じゅばん)を何枚か着て撮影しました」という。

 「1」の時も、すずふり亭の制服が“パツパツ”なことに対して脚本上で岡田氏の“イジり”があり「『2』も、またイジってきたなと。愛情を感じます」と感謝。岡田氏はシリーズ化に意欲を示しているが「呼んでいただけるなら、家出みたいな感じで、もう1回、すずふり亭に戻りたい。痩せたバージョンの制服を着てみたいですね」と笑った。

 高校在学中の95年に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリに輝き、同年12月にドラマデビューした「海がきこえる」(テレビ朝日)をはじめ、ともにヒロインの親友役を演じてステップアップした「イグアナの娘」(96年、テレビ朝日)「ビーチボーイズ」(97年、フジテレビ)、佐藤が「どうしてもやりたかった」という「さよなら私」(14年、NHK)は岡田氏の脚本。「岡田さんの作品は、いつも転機の時なんです。皆さんが『ひよっこ』をご覧になっていたおかげで、痩せた反響がすごかったんだと思います。地方に行っても『あの高ちゃん(高子)が』『高ちゃん、痩せたね』と言われますもん。『ひよっこ』の時が人生で一番太っていました。役作り?普通に太っていただけです」

 朝ドラは「あすか」(99年後期)「ファイト」(05年前期)「おひさま」(11年前期))「とと姉ちゃん」(16年前期)「ひよっこ」に出演。最後に「6回目は?」と水を向けると「私、絶対朝の顔じゃないのに、よく出していただけるなとビックリしています。『あさイチ』にも、たまに呼んでいただきますが、朝から私で大丈夫かな?と思っているぐらいなんです」と謙遜したが“カメレオン女優”の朝ドラ再登場に期待したい。

 <連ドラ初主演作は31日に最終回>佐藤が連ドラ初主演を務めた「我が家のヒミツ」は31日、最終回(第5話)。直木賞作家・奥田英朗氏(59)の短編小説集をドラマ化した「我が家の問題」(昨年2月、主演・水川あさみ)に続く第2弾。1話完結で、夫婦の会話劇を中心に4家族の秘密をユーモラスに描く。佐藤は各話の主人公となる4人の妻役を巧みに演じ分けた。最終回は「小説家の妻」の後編。岸谷五朗(54)を夫役に迎え、夫の受賞を機にパートを辞め、セレブ感漂うロハス生活を志す主婦・大塚里美を演じる。

[出典:佐藤仁美 ダイエット後の「ひよっこ2」撮影秘話 岡田惠和氏のイジりに感謝「愛情を感じます」(スポニチアネックス)(Yahoo!ニュース > https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000117-spnannex-ent ]
Sponsered Link



そんな佐藤仁美さんの四柱推命です。

佐藤仁美さん(1979年10月10日生まれ)

年 己未 印綬 冠帯
月 甲戌 偏財  衰
日 庚戌     衰

大運 戊寅 偏印  絶
流年 己亥 印綬  病

比肩星 金 ●
食傷星 水
財星  木 ●
官星  火
印星  土 ●●●●△

佐藤仁美さんの命式

佐藤さんは庚戌日生まれで、庚は陽の金、戌は秋(10月)の土(陽)です。
「実りの秋に収穫する機械」といった感じです。
意志が強く真面目なタイプと言えます。

きゃりーぱみゅぱみゅさん、桐谷美玲さん、堀口恭司選手、雨宮萌果アナウンサー、小籔一豊さんも庚戌日生まれです。
歌手・きゃりーぱみゅぱみゅさん
女優・桐谷美玲さんと俳優・三浦翔平さんの相性
総合格闘家・堀口恭司選手
俳優・篠山輝信さんとNHK・雨宮萌果アナウンサーの相性
芸人・小籔千豊さん

庚戌日は魁ごう日で特殊な生まれです。
非常に強い生まれのため吉凶が激しく、コントロールが難しいと言われます。
「魁ごう日」は、「庚辰・庚戌・壬辰・戊戌」の4つで、「庚辰・庚戌」は官星を、「壬辰・戊戌」は財星を嫌うとされます。

庚は「武器を持った軍人」です。
戌は「理知」「潔癖」「負けず嫌い」で、はっきりと物を言います。
また「世話好き」「頑固」「人情が厚い」「人格者」です。

官星は「周囲に合わせる能力」ですから、庚辰と同様に、庚戌の人が官星を持つと周囲に合わせようとしてストレスが溜まります。
「魁ごう日」は「印星」があることで開運すると言われています。
佐藤さんは年柱に印綬:冠帯があります。

しかし、佐藤さんの場合はその印星が強すぎるのが悩みです。
印星が多い人は考えてばかりで、なかなか行動に移す事が出来ません。

「結婚相手に求める条件が25個」という話を聞きました。
月柱の偏財がサービス精神旺盛ですから、周囲を笑わせたい気持ちが強いのでしょう。

「結婚が……」とよくおっしゃっていましたが、この印星が結婚の決断を鈍らせる働きをしているようです。
減量に成功して一段と綺麗になられたので、結婚も近いかも知れませんね。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2019年3月30日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)


  • 17現在の記事:
  • 78740総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 236昨日の閲覧数:
  • 1031先週の閲覧数:
  • 2273月別閲覧数:
  • 46872総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 139昨日の訪問者数:
  • 814先週の訪問者数:
  • 1576月別訪問者数:
  • 115一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: