あるアイドルとストーカー

 橋田保敏(はしだやすとし)は、三十五歳のフリーター。独身の彼は、あるアイドルに夢中である。そのアイドルとは、橋田よりも十七歳年下の十八歳で、名前は川口みのり。まだまだ売れないみのりのために、橋田は今日もライブに来ていた。

「いつも応援してくださって、ありがとうございま~す!」
「あ、あの、これ……みのりちゃんに。す、好きかなと思って……」
「プレゼントですか~? わあ~い、可愛い~!」

 橋田が震える手で渡したのは、クマの人形がついた可愛いキーホルダーだった。

「か、かばんに、つけてね……」
「ありがとうございま~す! 大事にしま~す」

 そう言って、とびっきりの笑顔で握手してくれたみのり。天真爛漫な彼女の笑顔に、もうメロメロの橋田は、「今日は手を洗わない」と心に決め、すっかり満足して帰っていった。

「今日も皆さん、お疲れ様でした~!」

 みのりは元気よく、メンバーやスタッフたちに挨拶をして会場を後にすると、もう外は真っ暗で人通りも少ない。「早く帰ってお風呂に入ろうっと」そう思いながら、足早に駅へと向かう。

 しばらく進んで、前方に停まっている赤い車の横を通り過ぎようとした時、窓が開いて声をかけられた。

「みのりちゃん、お疲れ様! 家まで送っていこうか?」

 声をかけた若林悟郎(わかばやしごろう)は、先月までみのりたちのマネージャーだった。同じく千葉出身ということで、みのりは親近感を感じていた。「ありがとうございます」とお辞儀をすると、みのりは後部座席へと乗り込んだ。

 「これ、俺のおごりね」と言って、若林が紙コップに入ったココアを渡した。みのりは何の迷いもなく、「いただきます」と言ってぐいっと飲み込んだ。体が温まり、車の振動も心地良く、ライブで疲れていたみのりは、だんだんと眠くなってきた。

 しばらくしてみのりが目を覚ますと、目の前には若林が座っている。周りをぐるりと見回すと、六畳ほどの部屋にベッドとテレビが置いてあるが、自分の部屋ではない。

「えーっと、ここは、どこ?」
「ここ、俺の家」
「えっ、ど、どうして?」
「今日から俺たち、一緒に暮らすからね」
「え、なんで? ど、どうして?」

 みのりの質問に答えない若林は、彼女のバッグから携帯電話を取り出すと電源を切った。

「この電話、俺が預かる」
「えーっ? い、嫌だ! ねえ、もう帰して、家に帰してよ!」

 みのりの必死の訴えを無視する彼は、ただ彼女の顔をじっと見つめるだけだった。

 ライブの日から三日が経ち、橋田は、特殊な力を持つ霊能者の元を訪れた。少し小太りの彼は、薄くなりかけた頭髪を帽子で隠して、黒縁の大きなメガネをかけ、大きなリュックを背負っていた。

 そんな彼を見て、「オタクの人?」と心の中で思いながら、霊能者の女性は「いらっしゃいませ」と笑顔で声をかけた。

「今日は何か、お悩み事で来られましたか?」
「あ、はい……。先生は、特殊な能力があると聞きまして……」
「特殊な能力、ですか?」
「あの、見えないものが視(み)えるとかで……」
「あっ……。そういう事ですね」
「人が亡くなっているかどうかなんて、わかりますか?」
「えっ、亡くなっている?」
「もしかしたら、ある人が殺されたかも知れないんです」
「えっ、殺された?」

 彼の真剣な表情から、冗談ではなさそうだと彼女は思った。

Sponsered Link



「どうして、その人が殺されたかも、と思うんですか?」
「動かなくて……」
「動かない、何が?」
「三日前からずっと、同じ場所に留(とど)まったままなんです」
「ですから、何が?」
「ある女性なんですよ。そこは、彼女の自宅でも実家でもありません」
「どうしてそんな事がわかるんですか?」
「えっ?」

 「どうしてわかるのか」と聞かれ、思わず「えっ?」と言ってしまった橋田。単純に、不思議に思ったから聞いただけなのに、後ろめたい彼は動揺を隠せないでいる。不思議そうに顔を見つめられ少し悩んだ彼は、人命には変えられないと正直に話す事に決めた。

「実は、アイドルの追っかけをしているんですが、彼女の事が好きすぎて、プレゼントにGPS発信機を隠していたんです」
「GPS発信機?」
「彼女が今どこに居るか、いつも把握していたいと思って……。それで、それを贈ったその日の夜から、ずっと同じ場所に留(とど)まっているので、もしかしたら監禁されているんじゃないか、あるいはもう、殺されたんじゃないかと思って……」

 緊張で顔が強張っている橋田は、握りしめた両方の拳を震わせている。ストーカー行為を咎(とが)められる事より、彼女の命を最優先に考えた彼。その勇気に何とか応えなくてはと彼女は思った。

「でしたら、あなたの行為が問題にならないように、私が霊視で捜したことにしましょうかね」
「あ、ありがとうございます。お願いします!」

 頭をテーブルにこすりつけて、これ以上ないくらいの感謝の意を表す橋田。

「その人のお名前と、発信機が示す位置を教えてくだされば、知り合いの刑事さんに連絡して向かってもらいます」
「ありがとうございます!」

 彼女は、自分が霊視で見つけたと刑事に連絡して、現場に行ってもらった。その場所は、千葉にある若林の実家で、両親は既に他界しており、彼が一人で住んでいた。

 その後、みのりは無事に警察に保護され、一緒にいた若林は誘拐の容疑で逮捕された。

 幸い、みのりには暴行を加えられた形跡はなく、その後の調べで若林は、一方的に好きだった彼女と、ただ一緒に居たかっただけだと供述した。

 数日後、元気にライブのステージに立つみのりの姿を、橋田は感無量の思いで見つめていた。

「いつも応援、本当にありがとうございます!」
「あ、あのー、この前あげたやつを、これと交換してくれませんか?」
「あっ、猫ちゃん! 可愛い! 私、猫大好きなんですよ! どうもありがとうございます!」

 橋田はクマの人形を受け取ると、急いで会場を出て公園のごみ箱に投げ捨てた。彼が渡した新しい人形には、もうGPS発信機は入っていない。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 8現在の記事:
  • 120301総閲覧数:
  • 19今日の閲覧数:
  • 470昨日の閲覧数:
  • 2976先週の閲覧数:
  • 4474月別閲覧数:
  • 73407総訪問者数:
  • 10今日の訪問者数:
  • 114昨日の訪問者数:
  • 763先週の訪問者数:
  • 1345月別訪問者数:
  • 108一日あたりの訪問者数:
  • 2現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: