【石田さんちの会話】第2話「お桃ちゃん」

「ねえねえ、みっちゃん」
「なあに、けんちゃん」
「昨日さ、子どもたちを寝かせる時、桃太郎を読んだんだけどね」
「うん、桃太郎ね」
「あれさ、男の子だから桃太郎だけどさ、女の子だったらどうしたのかな?」
「女の子? そうねえ、やっぱり、桃から生まれた桃子ちゃんじゃない?」
「桃子、そうだよねえ。桃美とか桃代とか桃香とか桃菜とかいろいろ考えられるけど、桃子が一番しっくりくるよね」
「意外にさ、昔の人だから『お桃』かも知れないよね」
「おー、みっちゃん、それ良いかも。お桃、良いね。お桃だよ、やっぱり」
「おじいさんとおばあさんは、『お桃や』って呼んでたかもね」
「そうそう、それでさ、近所に住む幼馴染の貫太郎くんなんかが『お桃ちゃーん』なんて遊びに来たりしてね」
「もし今みたいにキラキラネームがあったらさ、桃と書いてピーチと読ませたかもね」
「おー、みっちゃん、それ良いね。それからさ、話は変わるけど」
「はいはい、何でしょうか?」
「もしお桃ちゃんが鬼退治に行くとしたら、どうやって行くんだろうね」
「お桃ちゃんが鬼退治? お桃ちゃんは勇ましい女の子なのねえ」
「うん。きっとお桃ちゃんは、責任感が強くて義理人情に厚い、姉御肌だと思うんだよね。だから、さっき出てきた隣に住んでる貫太郎くんとか、貫太郎くんの弟の治郎吉くんとかが子分みたいになってるんじゃないかな」

Sponsered Link



「貫太郎くんと治郎吉くんねえ」
「うん。だけど、二人とも喧嘩には自信がない」
「へー、じゃあ、どうやって鬼退治するの?」
「おそらく、鬼が使う水源に毒を入れちゃう。そして誰もいなくなった……」
「えー? 怖いね」
「そう、だから、この話はボツになったんだよ」
「お桃ちゃん、恐るべしだね」
「そう、お桃ちゃんは、自分の手は汚さずに、貫太郎くんと治郎吉くんを実行犯にしちゃうんだろうね」
「なんと? 二人はやっぱり、お桃ちゃんの事が好きなの?」
「そう、愛するお桃ちゃんのために、二人は危険な任務に挑むんだよね。そして、金銀財宝を舟に積んで帰ってくる……」
「なるほど。じゃあ、その後、お桃ちゃんと貫太郎くんと治郎吉くんはどうなるの? もしかして、兄弟で一人の女性を奪い合うという話なの?」
「いやー、それがさ、お桃ちゃんには他に好きな男がいるんだよね」
「えー?」
「それでさ、お桃ちゃんが二人のために用意した豪華な食事には、毒が仕込まれていて……」
「えーーー?」
「あまりにも恐ろしい結末に、この物語はお蔵入りになったとかならないとか」
「なるほどね」
「まあ、そんな話でした」
「了解」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 9現在の記事:
  • 133992総閲覧数:
  • 138今日の閲覧数:
  • 172昨日の閲覧数:
  • 1283先週の閲覧数:
  • 3722月別閲覧数:
  • 82034総訪問者数:
  • 97今日の訪問者数:
  • 118昨日の訪問者数:
  • 919先週の訪問者数:
  • 2626月別訪問者数:
  • 117一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: