【石田さんちの会話】第6話「見るなのタブー」

「ねえねえ、みっちゃん」
「なあに、けんちゃん」
「鶴の恩返しってあるじゃない?」
「あるね」
「罠にかかった鶴をおじいさんが助けてあげて、恩返しに来る話」
「そうそう」
「あれってさ、浦島太郎に似てるよね」
「確かに」
「浦島太郎は、亀を助けたお礼に竜宮城に連れていかれて、乙姫様から玉手箱をもらうんだけど、決して開けてはいけませんよって言われたのに開けちゃっておじいさんになっちゃう」
「そうだよね」
「鶴の恩返しも、決して中を覗いてはいけませんよって言われたのに、おばあさんが誘惑に負けて見ちゃうんだよね」
「しちゃいけないって言われるとしたくなるのが、人間の性(さが)なんだろうね」
「あれって、見るなのタブーって言われているんだね」
「見るなのタブー?」
「そう。世界各地の神話や民話で、よくあるらしいよ。何かしているところを『見てはいけない』と禁じられていたのに、それを破ってしまって悲惨な結果になる。あるいは、決して見てはいけないと言われていたのに見てしまい、恐ろしい目に遭っちゃうというパターン」
「子どもなんかはさ、食べちゃだめよと言われると食べたくなっちゃうよね」

Sponsered Link



「うん、旧約聖書では、箱舟で有名なノアが酒に酔っぱらって裸で寝ていたところ、息子のハムが見てしまい子孫が呪われたと言うし、ソドムとゴモラが滅ぼされる時に神の使いから『後ろを振り返るな』と言われていたのに、ロトの妻が振り返って塩の柱になった話があるよ。ギリシャ神話では、パンドラの箱を開けてしまったために、あらゆる災いが世界中に飛び出したって話があるよね」
「そう言えばいっぱいあるね」
「これさ、どうして最初に理由を言わないのかな?」
「理由って?」
「実は私は、あの時に助けていただいた鶴なんです。お礼がしたいから着物を織らせてくださいって言えば良いんじゃない?」
「うーん、そう言うと『いやいや、礼なんか良いよ』って言われると思ったんでしょ」
「なるほど。結局、鶴だとわかってしまったから飛んでいっちゃうんだけど、おじいさんおばあさんたちは、もう娘として暮らしていたんだから、鶴でも別に出て行けとは言わないんじゃない?」
「うーん、確かに、出て行けとは言わないと思うけどね」
「ところでさ、夜八時以降は食べないって言ってなかったっけ?」
「えっ? ああ、ダイエットね」
「それは食べて良いの?」
「あ、これ? 太るから食べるなと言われても、やっぱり食べたくなっちゃうのよ」
「だよね、これが人間の性(さが)だよね」
「わかってくれてありがとう」

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 6現在の記事:
  • 140953総閲覧数:
  • 120今日の閲覧数:
  • 166昨日の閲覧数:
  • 1257先週の閲覧数:
  • 4801月別閲覧数:
  • 86637総訪問者数:
  • 81今日の訪問者数:
  • 137昨日の訪問者数:
  • 1004先週の訪問者数:
  • 3175月別訪問者数:
  • 132一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: