野球・ダルビッシュ有選手と山本聖子さんの相性

メジャー7年目のカブス・ダルビッシュ有投手のインタビューです。

ダルビッシュ 37歳で「引退」独白

3/28(木) 8:00配信

 【ダルビッシュ独占インタビュー前編<1>】37歳で現役引退!カブスのダルビッシュ有投手(32)が、メジャー7年目の開幕を前にスポニチ本紙の独占インタビューに応じた。人生観の変化を吐露するとともに、現在の契約が満了する2023年シーズンで現役引退を考えていることを告白。29日の後編では、聖子夫人(38)ら家族の存在についても赤裸々に語る。ダルビッシュは26日(日本時間27日)キャンプを打ち上げ、30日(同31日)のレンジャーズ戦で今季初登板する。(聞き手・奥田秀樹通信員)

 ――昨季は右腕の故障で離脱し、1勝3敗に終わった。移籍してきた新チームで苦しい思いをした。

 「悪いことが積み重なった年だった。自分の中で“底”という感じだったけど、そこから逆にいろんなことを学べた。このキャンプでは変な痛みはないし、試合の緊張感を味わえるのは幸せ」

 ――今キャンプは、ネガティブな感情でも味わえるのは幸せといった趣旨の発言がたびたび出ている。義兄のKIDさん(享年41)さんを亡くすなど、昨年のつらい経験が影響しているのか?

 「KIDさんも2年前くらいまでは、今の僕と変わらないほど元気だったし、小さいお子さんもいて、境遇も同じだった。それが急にああいうことになって。今生きていることが当たり前じゃない、自分もいつそうなるかは分からないんだと。そこから一瞬一瞬、今日を一生懸命に生きたいなと。生への執着心みたいなものは持つようになった」

 ――今季に限らず、これまでの野球人生は20年近く、ダルビッシュ有であることを求められてきた。重荷ではないのか?

 「全く考えたことないですね。初めて新聞に取り上げられたのは13歳だった。13~15歳くらいは凄く嫌だった。周りが急に“あっ、ダルビッシュや”と言いだして。でも16歳で甲子園に出て、あれだけの人が一気に目の前に現れた時に、俺、多分こういうふうに生きていかなあかんのかなと思い、それが当たり前になった」

 ――たまに解放されたいと思わないのか?

 「解放されないでしょ(笑い)。野球をやめたところで、日本人だったら、(自分のことは)知っているだろうし。でも得していることもいっぱいある。多くの人は有名になりたいとか、自己顕示欲がある。僕は元はそういう人間ではなかったけど、こういう人生はなかなかないし、凄く幸せなことだと、今は思っています」

 ――カブスとは6年契約の2年目。ファンの期待も大きい。

 「去年ああいう投げられない状態の中でも、みんなが支えてくれた。球場入りする時も、帰る時も、いつも声を掛けてくれた。ファンの方も含め、そこはしっかり恩返しをしたい」

 ――今の契約を全うしたらプロ野球で19年間プレーし、37歳になっている。その先も野球を続けるのか?

 「やらないですよ、絶対。37歳で引退しても、あと40~50年くらいしか生きられないし、最後の10~20年は体も思うように動かない。人生そんなに時間はないから、ずっと野球をやってはいられない。現時点だからではなく、そこは絶対に変わらない。例えば、経済的に良い状況でなかったり、子供がまた生まれて、どうしても見せたいとかなら分からないけど、やる可能性は95%ない」

 ――まだバリバリで投げられていたら。

 「それでもないですね。シーズン中、家族とも離れないといけない。メジャーにいると、移動も大変で休みもない。その頃になると子供たちも大きくなっているし、一緒にいてやりたいと考えるでしょうから。だからこそ、今季は今に集中して毎日毎日、一生懸命やっていきたい」

[出典:ダルビッシュ 37歳で「引退」独白(スポニチアネックス)(Yahoo!ニュース > https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000129-spnannex-base ]

ダルビッシュ、聖子夫人との出会いで変わった「昔の自分が思い出せないくらい」

3/29(金) 8:00配信

 【ダルビッシュ独占インタビュー後編】カブスのダルビッシュ有投手(32)のスポニチ本紙独占インタビューは後編です。前編では現在の契約が満了する37歳で現役引退を考えていることを明かした右腕が、16年に結婚した聖子夫人(38)の存在、3人の子供の父親としての家庭の姿などプライベートについて語った。昨季、故障に苦しんだダルビッシュは完全復活を懸け、30日(日本時間31日午前9時5分開始)のレンジャーズ戦で今季初登板する。

 ――プライベートでは16年にレスリング元世界王者の山本聖子さんと結婚。今年1月、パワースポットで有名なセドナで結婚式を挙げた。聖子夫人との出会いは大きかった。

 「妻と結婚して、子供ができて大きく変わったというのはある。昔の自分が思い出せないくらい。女性関係に関しては凄く変わった気がする。今の奥さんと付き合ってから、一回も浮気したことがないし。3人の息子(11歳、3歳、2歳)が大きくなった時に、そんなことをしていたのかと思われたくない。家で育児を最大限に手伝っていなかったとしても、毎日家にいて奥さんのことを愛していれば、奥さんの不満はなくなる。ちゃんと育児をしていても、あとあと浮気がバレれば、何も信じられないとなる。そんな人、今までいくらでもプロ野球界で見てますから(笑い)」

 ――夫婦ゲンカは?

 「しますよ。でも夫婦ゲンカをしても結構すぐ終わっちゃう。ネチネチしない。自分も毎日家にいて、信頼がある上でのケンカだからすぐに元に戻る」

 ――どんなことでケンカになるのか?

 「僕が細かいことを言う時ですね。奥さんの体調が悪い上に子供のことでいっぱいいっぱいの時に、僕がさらに細かいことを言うと、なんなん?って。多いのは料理のこと。僕はシンプルなやつが良くて、そばだって何も入ってないくらいのが好き。それを奥さんが少しでもおいしく食べてほしいからとアレンジしてくれるけど、僕はアレンジはしないでと言っている。いつもの卵焼きに何かを混ぜたりとかね。それに僕が怒ったりすると、ムスッとする」

 ――どんな父親か?

 「子供たちには優しいと思う。怒るときは怒るけど。長男は大きくなっているので、野球のこととか、約束事を守れないと凄く怒る。我が家ではウソは絶対に駄目。もちろん子供なのでウソをつくこともあるけど、なぜ駄目なのか、そこはしっかり教えている」

 ――以前は人を寄せ付けないイメージがあったが、今はオープンで、初めて会う記者にも真摯(しんし)に対応している。

 「元々こういう感じなんですよ。なんで自分のイメージがそうだったのか、この前考えていたんですけど、みんなメディアを通した姿しか見ないから。自分がどういう対応をしたかで僕の印象は変わる。14、15歳当時、メディアの人も今みたいにモラルを問われる感じではなかった。子供心に“なんなん?”と思うことがいっぱいあった。タバコ(入団1年目の05年キャンプで喫煙が発覚し謹慎処分)の時も、自分への取材の仕方がひどかった。言っていないことも勝手に書かれて、正直嫌いだった。結構有名なライターさんでもそういうことがあって。それが時間がたって、だんだんわだかまりが晴れてきたのかなと。それだけです。普段の僕は昔からこういう感じです」=終わり=

[出典:ダルビッシュ、聖子夫人との出会いで変わった「昔の自分が思い出せないくらい」(スポニチアネックス)(Yahoo!ニュース > https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000104-spnannex-base ]
Sponsered Link



そんなダルビッシュ有選手と山本聖子さんの相性を観てみました。

ダルビッシュ有選手(1986年8月16日生まれ)

年 丙寅 偏財  病
月 丙申 偏財 長生
日 壬辰     墓

大運 庚子 偏印 帝旺
流年 己亥 正官 建禄

比肩星 水 ●△
食傷星 木 ●
財星  火 ●●
官星  土 ●
印星  金 ●

山本聖子さん(1980年8月22日生まれ)

年 庚申 正財 沐浴
月 甲申 印綬 沐浴
日 丁卯     病

大運 丁丑 比肩  墓
流年 己亥 食神  胎

比肩星 火 ●
食傷星 土 
財星  金 ●●●
官星  水 
印星  木 ●●

ダルビッシュ有選手と山本聖子さんの相性

ダルビッシュ選手は壬辰日生まれで、日干の壬は陽の水、日支の辰は春(4月)の土(陽)です。
「母なる海」、「母なる大地」、そして春は生命活動がスタートし、エネルギーが充満しているイメージです。

大谷翔平選手、黒後愛選手、徳永有美さん、霜降り明星 せいやさん、出川哲朗さんも壬辰日生まれです。
野球・大谷翔平選手
女子バレー・黒後愛選手
徳永有美アナウンサーと内村光良さんの相性
2018M-1王者の霜降り明星・粗品さんとせいやさん
芸人・出川哲朗さんと元レースクイーン・阿部瑠理子さんの相性

壬辰日は魁ごう日と言い、特殊な生まれになります。
凶が激しい非常に強い生まれで、コントロールが難しいと言われます。
特殊な生まれ故に、平凡な生き方では才能を発揮出来ず、特殊な環境でその才能が発揮されると言います。

魁ごう日は、「庚辰」「庚戌」「壬辰」「戊戌」の4つ。
「庚辰」「庚戌」は官星があることを嫌い、「壬辰」「戊戌」は財星があることを嫌うと言われます。

魁ごう日は印星を喜び、印星があることで開運すると言われます。

聖子さんは丁卯日生まれで、丁は陰の火、卯は春(3月)の木(陰)です。
「淡い月光に照らされた春の草花」といった感じです。

羽生結弦選手、太田光さんも丁卯日生まれです。
フィギュアスケート・羽生結弦選手
爆笑問題・太田光さんとタイタン社長・太田光代さんの相性

丁火生まれの聖子さんは、ろうそくの炎が自身の身を削って周りを照らすように、犠牲的精神で縁の下の力持ちのようです。
努力しているところを見せないように、陰に隠れてするイメージです。

比肩が強くないダルビッシュ選手は、もともと自己主張するタイプではありません。
偏財が強いのでサービス精神が旺盛であり、周囲を笑わせたり喜ばせる事が好きです。
財星が強いだけで自信が湧いてきますから、思い切った事も出来るでしょう。

聖子さんもやはり、比肩が弱く財星が強いので、自分の事より他人の事を心配する人です。
ダルビッシュ選手に似ているので、共感し合える良い関係です。
火剋水になりますが、聖子さんの火は弱いので、ダルビッシュ選手はそれほど辛くはありません。

魁ごう日は印星があることで開運します。
ダルビッシュ選手は月支の申が偏印です。
聖子さんは月柱に印綬があり、日支の卯が偏印になります。

さらには、聖子さんは金に星が多く集まっていますが、金はダルビッシュ選手にとって印星にあたりますので、随分と彼を助けています。
聖子さんと一緒になる事で変わった実感があるダルビッシュ選手の、更なる活躍を期待しています。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2019年4月1日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)


  • 54現在の記事:
  • 78740総閲覧数:
  • 6今日の閲覧数:
  • 236昨日の閲覧数:
  • 1031先週の閲覧数:
  • 2273月別閲覧数:
  • 46872総訪問者数:
  • 6今日の訪問者数:
  • 139昨日の訪問者数:
  • 814先週の訪問者数:
  • 1576月別訪問者数:
  • 115一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: