報われない恋(改稿版)

「幸子(さちこ)、遅くなって悪いが今から来てくれないか」

 先生からの電話、胸が高鳴って息苦しい。

「はい。今すぐ行きますから、もう少し待っててください」

 食べかけの食器が気になるけど、帰ってきてからにしよう。もう暗いから、パジャマの上にコートを羽織ればわからない。そう思いながら幸子は外に飛び出した。

 先生の仕事部屋まで自転車で走れば十分。今は十一月の下旬、夜はしんしんと冷える。手袋をしようと思っていたのに、忘れてしまった。先生に会いたい気持ちが寒さに勝(まさ)っていたのだ。

 この辺りは飲み屋街で、寂れたバーが立ち並ぶ。年季の入った看板の「さちこ」は、母が経営する店。時折手伝うが、今日は休みのため素通りする。先生が初めて「さちこ」に来たのは、半年前の事。

「うそっ? あなたがあの、真行寺達雄先生ですか?」
「僕の事、知ってるの?」
「私、先生の大ファンなんです。会えて嬉しい!」

Sponsered Link



 先生は幸子が大好きな小説の作者で、細(こま)やかな女心を描写する。若くて華奢(きゃしゃ)な感じを想像していたのに、四十代後半で高校生の娘がいる父親だった。

 先生の自宅は、ここから電車で四十分の場所。執筆に集中したくて、仕事部屋としてアパートを借りていた。自宅には、洗濯物が溜まったら帰るぐらいだ。幸子は食事を作りに行くという名目で、アパートに時折出入りしていた。

 白い息が出ては消える。冷たい風が頬に当たる。ハンドルを握る手が刺すように痛い。それでも幸子の心は躍っている。先生が久々に、夜に呼んでくれたから……。

 出会って三日目の夜、初めて二人は結ばれた。先生が初めて「さちこ」に来た翌日の昼から、食事を作りに出掛けた幸子。バツイチで出戻り、二十九歳の娘を案じながら、美千代は「頑張んな」と応援する。自らも波瀾万丈の人生を歩み、実らぬ恋に溺れた美千代は、これも遺伝と諦めていた。

 カーブミラーの角を曲がって先生のアパートに到着すると、時刻は夜の十一時を越えていた。外から見上げると、二階の先生の部屋だけ明かりがついている。昼間ならカンカンカンと勢いよく上る階段も、周りの住民を気遣って静かに歩く。

 ドアの前に立ち、荒い息を整える。一秒でも早く会いたい、その一心でペダルをこいで来た。冷たい空気が肺に入って苦しい。右手を胸に当てて心臓を落ち着かせる。小刻みに拍動する胸を強く押して「鎮まれ、鎮まれ」と心で叫ぶ。

 ようやく落ち着いた事を確認すると、大きく息を吐いてからインターホンを鳴らす。「ちょっと待って」低く柔らかい声がしてドアが開く。先生の姿が見え、すぐに「遅くなってすいません」と跳ねあがるように頭を下げた。

 先生は「全然遅くないさ。いつもより早いくらいだよ」と言って微笑み、幸子の手をとって部屋に引き入れる。「冷たいな」と一言呟くと、幸子の両手を自分の両頬に押し当てる先生。

「せ、先生……」

 幸子の大きな瞳から大粒の涙が零(こぼ)れ、ゆっくりと頬を伝(つた)う。先生はそれを確認して、涙で濡れた頬に優しく唇を当てると、そのまま幸子を優しく抱き寄せ「泣くなよ」と耳元で囁いた。暫く玄関先で抱きしめた後、「おいで」と言って部屋の中に誘導する。

 幸子をベッドに座らせて「飲むか?」と尋ねると、静かに台所に向かった。故郷の焼酎をお湯で割り、「温まるぞ」と幸子に手渡す。不器用で無口な先生の何気ない優しさ、それが幸子には堪(たま)らなくて愛(いと)おしくなる。

 両手で湯飲みを持ち、冷えた唇をそっと当てる。少しずつ少しずつ、コクコクと喉に流し込む。半分飲んだところで先生に渡す。一杯の焼酎を分け合って飲む、それが二人の決まり事なのだ。

 「いつも遅い時間に呼び出してすまない」そう言って幸子の肩を抱き寄せる。「どんなに遅くても構いません。二時でも三時でも来ます」そう言って、先生の胸に顔を埋める。先生は「そうか」とだけ言うと、二人はベッドに倒れ込んだ。

 先生の夫婦関係は今やかなり冷え込んでおり、もう何年も妻の体に触れていない。ただ、高校生の娘のためだけに維持している夫婦だった。だからと言って、不倫関係が許されるものではない。そんな事は充分に承知している幸子だ。

 「いつか妻と別れて、君と結婚するつもりだ」先生はそう言うが、幸子はそんなに期待はしない。男は嘘をつく動物である。今まで嫌と言うほど経験してきた。

 たとえ一緒になれなくてもいい。今日だけ一緒に居られればいい。たとえ明日が来なくもいい。

「先生、お願い。キスして……」

 たとえ今日死んだっていい、幸子は心からそう思った。

『雨の中の女 神野 守 短編集 第1巻』amazonで販売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/B07FYRKPL2/

Sponsered Link



投稿日:2018年8月13日 更新日:

執筆者:

Sponsered Link




以下からメールが送れます。↓
お気軽にメールをどうぞ!

こちらから無料メール鑑定申し込みができます。お気軽にどうぞ!
お申込みの際は、お名前・生年月日(生まれた時刻がわかる方は時刻も)・生まれた場所(東京都など)を明記してください。
ご自身のこと、または気になる方との相性などを簡単にポイント鑑定いたします。何が知りたいかを明記の上、上記までメールを送ってください。
更に詳しく知りたい方には有料メール鑑定(1件5000円・相性など2人の場合は7000円)も出来ます。

最新の記事をツイッターでお知らせしています
神野守(@kamino_mamoru)

ボイスブック・朗読ラジオチャンネル

海辺の少女

心霊鑑定士 加賀美零美のよろずお悩み解決所 1

僕は妹の美樹に振り回される

占い師の独白「霊眼が開く時」

切ない恋愛短編集「報われない恋」

世にも奇妙な短編集「断捨離キーホルダー」


  • 93現在の記事:
  • 111978総閲覧数:
  • 153今日の閲覧数:
  • 257昨日の閲覧数:
  • 2018先週の閲覧数:
  • 2690月別閲覧数:
  • 70344総訪問者数:
  • 56今日の訪問者数:
  • 111昨日の訪問者数:
  • 823先週の訪問者数:
  • 1188月別訪問者数:
  • 110一日あたりの訪問者数:
  • 1現在オンライン中の人数:
  • 2018年8月14日カウント開始日: